版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
性の歴史 4 肉の告白 ミシェル・フーコー(著/文) - 新潮社
..

性の歴史 4 肉の告白

発行:新潮社
四六判
縦191mm 横130mm 厚さ30mm
重さ 532g
576ページ
定価 4,300円+税
ISBN
9784105067120
Cコード
C0011
一般 単行本 心理(学)
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年12月20日
書店発売日
登録日
2020年11月11日
最終更新日
2020年12月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-02-20 朝日新聞  朝刊
評者: 宇野重規(東京大学教授・政治思想史)

紹介

現代社会はなぜ性について饒舌なのか。没後三十余年を経て、最後の主著完結。我々はどのように自らを「欲望する主体」として形成したのか。生殖、貞節、結婚といった概念についての初期キリスト教の教父たちの文献を詳細に検討し、厳格な規則を背景にした自己への省察と告白に基づく「欲望の解釈学」の成立を見る。性に関する言説の氾濫を起点として始まったフーコーの考察が、この最終巻でついに完結する。

上記内容は本書刊行時のものです。