版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
だれが「本」を殺すのか 佐野 真一(著) - 新潮社
...
新潮文庫

だれが「本」を殺すのか 上巻

発行:新潮社
縦160mm
510ページ
価格情報なし
ISBN
9784101316352
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2004年6月
登録日
2016年5月13日
最終更新日
2016年5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-07-02 朝日新聞  朝刊
評者: 梶山寿子(ジャーナリスト)

紹介

本が売れない-。相次ぐ出版社の倒産と書店の閉店。活字離れと少子化。毎日200点もの新刊が並ぶのに、「本」を取り巻く状況は、グーテンベルク以来の未曽有の危機に陥っている。果たして「本」を殺したのは誰なのか。書店、図書館、流通、出版社、あるいは著者…、その「事件」の犯人を割り出す、過酷な追跡が始まった。すべての関係者に隈なくあたった、渾身のルポルタージュ。

目次

捜査編(本の悲鳴が聞こえる!
書店-「本屋」のあの魅力は、どこへ消えたのか
流通-読みたい本ほど、なぜ手に入らない?
版元-売れる出版社、売られる出版社
地方出版-「地方」出版社が示す「いくつかの未来図」
編集者-「あの本」を編んでいたのは、だれか
図書館-図書館が「時代」と斬り結ぶ日)

上記内容は本書刊行時のものです。