版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
少しぐらいの嘘は大目に 向田 邦子(著/文) - 新潮社
..

書店員向け情報

9784101294131
新潮文庫

少しぐらいの嘘は大目に 向田邦子の言葉

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:新潮社
文庫判
縦151mm 横106mm 厚さ10mm
重さ 132g
256ページ
定価 550円+税
ISBN
978-4-10-129413-1   COPY
ISBN 13
9784101294131   COPY
ISBN 10h
4-10-129413-5   COPY
ISBN 10
4101294135   COPY
出版者記号
10   COPY
Cコード
C0195
一般 文庫 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月1日
書店発売日
登録日
2021年3月2日
最終更新日
2021年3月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-06-20 読売新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

『阿修羅のごとく』『あ・うん』『寺内貫太郎一家』……傑作ドラマの脚本家として知られ、名エッセイスト、直木賞受賞作家でもあった向田邦子。突然の飛行機事故から40年が経つにもかかわらず、今なお読み継がれ、愛されるのはなぜなのか。日本のテレビドラマ史を語らせれば右に出る者のない編者が彼女の全作品から名言・名セリフをセレクト。いつでも向田作品の世界に没入できる座右の一冊。

上記内容は本書刊行時のものです。