版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
吃音 近藤 雄生(著/文) - 新潮社
..
新潮文庫

吃音 伝えられないもどかしさ

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:新潮社
文庫判
縦151mm 横106mm 厚さ11mm
重さ 145g
272ページ
定価 550円+税
ISBN
978-4-10-102761-6   COPY
ISBN 13
9784101027616   COPY
ISBN 10h
4-10-102761-7   COPY
ISBN 10
4101027617   COPY
出版者記号
10   COPY
 
Cコード
C0195
一般 文庫 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年5月1日
書店発売日
登録日
2021年3月30日
最終更新日
2021年4月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-06-12 東京新聞/中日新聞  朝刊
2021-06-05 朝日新聞  朝刊
評者: 稲泉連(ノンフィクション作家)
2021-05-30 読売新聞  朝刊

紹介

店で注文ができない。電話に出るのが怖い。喋ろうとしてどもってしまい、変な人だと思われたくない……話したい言葉がはっきりあるのに、その通りに声が出てこない「吃音」。目に見えず理解されにくいことが当事者を孤独にし、時に自殺に追い込むほど苦しめる。自らも悩んだ著者が、当事者をはじめ家族や同僚、研究者、支援団体に取材を続け、問題に正面から向き合った魂のノンフィクション。

上記内容は本書刊行時のものです。