版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ここがポイント!小学校プログラミング教育の要点ズバリ! 安藤 明伸(著/文) - 小学館
..

書店員向け情報

9784098402175

ここがポイント!小学校プログラミング教育の要点ズバリ! embotで楽しく実践できる指導案 特選15

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:小学館
A5判
128ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-09-840217-5   COPY
ISBN 13
9784098402175   COPY
ISBN 10h
4-09-840217-3   COPY
ISBN 10
4098402173   COPY
出版者記号
09   COPY
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年8月9日
書店発売日
登録日
2021年7月13日
最終更新日
2021年8月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

実際に行われた授業の勘どころを徹底解説

本書は、小学校の先生を対象にした「embot」を活用したプログラミング授業の実例と指導案を紹介する内容になっています。

「embot(エムボット)」とは、組み立てるとロボットになる段ボールの型紙と、電子機器がセットになった教材で、自分で組み立てたロボットを自分のプログラミングで動かせるという画期的なものです。
自作のロボットを動かせるのが楽しいと、子どもたちに好評で、教育関係の方々にも、プログラミングに親しむのに良いと高評価を得ております。

この「embot(エムボット)」を算数、音楽、社会、理科などの教科に応用した15の授業例を紹介。すぐ授業に活かせるように、学習指導案の資料も合わせて収録しました。

本書は、ただの実例集でなく、プログラミング教育を実施する上で重要な3つのねらい、「プログラミング的思考を育む」「各教科での学びを確実なものにする」「コンピュータを上手に活用しようとする態度を育む」を、バランス良く実現できるように、授業のポイントや重要事項を説明してあります。

プログラミング教育に携わる小学校の先生に是非読んでもらいたい一冊です。


【編集担当からのおすすめ情報】
プログラミング学習の教材はいくつもありますが、embotは、自分が作った人形を自分のプログラムで動かすという、他にはない楽しさがあります。

アプリをダウンロードすればプログラムつくりが楽しめるという手軽さ、Bluetoothを用いて、どんな場所でもできるという便利さが、このembotの特長です。
実際にやってみると、なかなか面白いものです。

2020年から小学校のプログラミング教育が必修となりましたが、教える先生方も、プログラミングを熟知しているという方はなかなかいないでしょう。そういった意味では、大人でも楽しめるembotは、よい教材だと思います。本書は、プログラミングの授業を解説しているので、実例集だけのように思われがちですが、そうではありません。

それについては、著者・安藤先生のあとがきが全てを物語っているので、こちらを紹介します。

「(本書は)どのようにプログラミング教育を行うのかという方法論ではなく、多くの事例を紹介しながら、どのような指導場面が重要なのか、どのような教師のはたらきかけが意義があるのかという要点を、1人でも多くの先生におつたえし、プログラミングの授業を行う際の本質的な授業研究に繋がる入門書が必要だ(と思って執筆した)〈中略〉小学校・中学校のプログラミングは、一般教養としてのプログラミングであり、職業訓練的なものではありません。学校のプログラミングが、子どもたちにとってプログラミングをもっとやってみたい!コンピュータのことをもっと知りたい!という興味関心や知的好奇心を喚起する素敵な出会いであって欲しいと切に願ってます」

小学校でプログラミング授業が必修になったと聞いたとき、まさに安藤先生がいう「職業訓練的」なイメージを持ってしまいました。

この本を読めば、プログラミング授業はそういうものでないと気が付くはずです。学校の先生以外の方にも、オススメします。


上記内容は本書刊行時のものです。