版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新・仕事力 大前 研一(著/文) - 小学館
..
小学館新書

新・仕事力 「テレワーク時代」に差がつく働き方

発行:小学館
新書判
240ページ
定価 820円+税
ISBN
9784098253753
Cコード
C0236
一般 新書 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年8月4日
書店発売日
登録日
2020年7月2日
最終更新日
2020年7月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

目標を「見える化」できれば日本人は強い

アフター・コロナ時代にどう生き残るか?
企業も個人も「プランB」の未来に備えなければならない。
そのカギは、目標や憧れを「見える化」できるかどうかにある――。

業績悪化、収入減、倒産、失業……。「コロナ不況」で不安だらけの今こそ、この状況を反転するためには、発想の転換が必要なのだと著者・大前氏は強調する。

〈つまり、将来が不安だからこそ、諦観するのではなく「稼ぐ力」を身につけるべきなのだ。昇進・昇給が望めないなら、高収入を得るためにスキルを磨いたり、AI(人工知能)やロボットに代替されない能力を身につけたりして、ステップアップを目指す――そうすることで、自分の未来を明るく変えていくべきだと思うのだ。〉(新書版まえがきより)

テレワークや在宅勤務が拡大・長期化する中で、これまでとは異なる仕事力が求められている。ポイントは、「場所」と「時間」に縛られずに集中するための工夫や、「集団知」を導くリーダーシップ、そして目標・成果を「見える化」する仕組みなどにある。

ビジネスパーソンに必要とされる能力や条件を解説した話題書『個人が企業を強くする』の内容をアップデートしつつ新書化。新型コロナウイルス禍によって一変した国内外の情勢を踏まえ、世界的経営コンサルタントが指南する新しい働き方の教科書。


【編集担当からのおすすめ情報】
著者の大前研一氏は、国内外どこにいても、ネットにさえつながっていれば、昼夜関係なくいつでも原稿を送ってこられます。ある時には、バカンス中のオーストラリア・ゴールドコーストから、またある時には、講演帰りに立ち寄った地中海・コルシカ島から、現地の美しい写真を添えたメールが送られてきたこともありました。

そんな「ミスター・テレワーク」こと大前氏が、自身の経験や蓄積をもとに、これからの新しい働き方を解説したのが、『個人が企業を強くする』という本でした。今回、新型コロナ禍による影響を踏まえて、最新の知見や見解を付け加え、新書判として再編集しました。

テレワークや在宅勤務が広がりつつある中で、より実践的な仕事術や考え方を学べる一冊になっています。ぜひご一読ください。

目次

新書版まえがき――目標を「見える化」できるかどうかがカギだ

はじめに――もはや「エクセレント・カンパニー」は生まれない

第1章● 君たちはどう働くか
――間違いだらけの「働き方改革」

1 給与・資産は〈日本一人負け〉状態
2 政府「働き方改革」では何も変わらない
3 「同一労働同一賃金」は誰のためか
4 ICT時代に求められる仕事力
5 「一人」でも世界は変えられる

第2章● 「エクセレント・パーソン」の条件
――これからの人材戦略と教育のあり方

1 「構想力」は鍛えられる
2 人材育成のキーワードは「見える化」
3 自社に必要な人材は「青田買い」すべし
4 社会人に必須の「リベラルアーツ」とは
5 〈稼げない大学教育〉の責任を問う
6 「尖った人間」が企業の命運を決める

第3章● 公務員こそ「働き方改革」を!
――国を貧しくさせているのは誰なのか

1 「人づくり革命」という幻想
2 マイナンバーは全面改修すべき
3 今なぜ「公務員の定年延長」なのか
4 低成長国家・日本でどう生きるか

おわりに――「働き方」は自分で決める

新書版あとがき――企業も個人も「プランB」の未来に備えよ

上記内容は本書刊行時のものです。