版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
CALICOのインド手仕事布案内 小林 史恵(著/文) - 小学館
..

CALICOのインド手仕事布案内 いまを生きるインドの美しい布をめぐる旅

発行:小学館
160ページ
定価 2,300円+税
ISBN
9784093070034
Cコード
C2077
実用 単行本 家事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月1日
書店発売日
登録日
2020年12月25日
最終更新日
2021年2月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

インドの美しい手仕事布をめぐる旅

ここ数年、かつての“安くてキッチュなもの”というインド雑貨のイメージを覆す“いまも続いていることが奇跡のようなインドの手仕事”が注目されています。本書は、そんなインドの手仕事のなかでも、カディ(手紡ぎ手織りの綿布)に代表される、とりわけ注目度の高いテキスタイルに焦点をあてます。インドの手仕事布の現状を最もよく知る日本人のひとりであり、CALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICSを主宰してインドの職人たちと伝統技術を活かした布づくり、服づくりを続ける小林史恵さんが、広大な大地に広がる奥深いインド布の森へご案内します。小林さんの文章とともに旅の道案内をしてくれるのは、インドの手仕事布の世界を織りなす生命力あふれる人、布、大地を色あざやかに切り取った在本彌生さんの写真。どんな布が、どんな土地で、どんな人々により、どうやってつくられているのか─インドの手仕事布の“今”と“すごさ”がわかる一冊です。


【編集担当からのおすすめ情報】
インドの手仕事による染織品はヴィンテージをもとに語られることが多いなか、“今”を伝えることにこだわった本書は貴重なドキュメントでもあります。途方もない時間や労力がかかる仕事が、なぜインドでは今も生業として続くことができているのか。布を知り、背景を知るごとに実物にふれてみたくなる、布好き必見の本です。

目次

インド布のことば/1章 インドの布をもとめて/2章 世界を変えたインドの布/3章 インド手仕事布の今 1:カッチのひとびと 2:天然素材への回帰 3:アイデンティティの時代/4章 CALICOの仕事

上記内容は本書刊行時のものです。