版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
いつも鏡を見てる 矢貫 隆(著/文) - 集英社
..

いつも鏡を見てる

発行:集英社
四六判
縦194mm 横134mm 厚さ24mm
重さ 382g
272ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784087880496
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年10月15日
最終更新日
2020年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-01-10 読売新聞  朝刊
評者: 小川さやか(立命館大学教授、文化人類学者)

紹介

「極端に言ったらさ、フロントガラスの向こうに日本が見えてるんだと俺は思うよ」(本文より)

物語の時代は昭和、平成、令和。舞台は京都、大分、東京。
オイルショック、バブルの熱狂と崩壊、聖域なき構造改革、リーマンショック、そして、新型コロナウイルス……。常に時代を乗せて、時代に翻弄されて、走り続けるタクシードライバーたちが、あるタクシー会社で交差する。彼らが背負ってきたものとは? そして運転席から見つめてきた日本とは?
タクシードライバーの職務経験を持つ著者が、様々な背景を持つ多くのドライバーたちの人生を徹底取材して描く、ドラマティック・ノンフィクション!

<目次>
東京 二〇一九年
【一章】オイルショックと京都の恋/京都 一九七三年~一九七四年
【二章】バブルの熱狂と崩壊/東京 一九八八年~二〇〇五年
【三章】農協と減反と聖域なき構造改革/大分・東京 一九八一年~二〇〇七年
【四章】リーマンショックと五人の交差点/東京 二〇一〇年~二〇一三年
東京 二〇一九年
【追章】新型コロナウイルスと五輪延期/東京 二〇二〇年

<プロフィール>
やぬき・たかし/ノンフィクション作家。1951年生まれ。龍谷大学経営学部卒業。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど多数の職業を経て、フリーライターに。『救えたはずの生命─救命救急センターの10000時間』『通信簿はオール1』『自殺―生き残りの証言』『交通殺人』『クイールを育てた訓練士』『潜入ルポ 東京タクシー運転手』など著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。