版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ニッポン巡礼 アレックス・カー(著/文) - 集英社
..
集英社新書

ニッポン巡礼

発行:集英社
新書判
縦173mm 横106mm 厚さ15mm
重さ 240g
256ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784087211467
Cコード
C0226
一般 新書 旅行
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年11月7日
最終更新日
2020年12月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-02-21 産經新聞  朝刊
2021-02-06 朝日新聞  朝刊

紹介

白洲正子に『かくれ里』という著作がある。
その文筆に動かされた著者は、知る人ぞ知る現代の「かくれ里」=隠された本物の場所を求めて旅に出る。
ひっそりとした寺社、山間の集落、海沿いの棚田、離島の原生林、城下町の白壁、断崖に囲まれた自然の入り江──。
人が密集する著名な観光地ではない。
SNSで話題を呼ぶスポットでもない。
そんな場所にこそ、日本の魅力が隠されている。
滞日50年を超える著者が、自らの足で回った全国津々浦々の「かくれ里」から厳選した10カ所を“こっそりと"紹介する。

【目次】
1 日吉大社、慈眼堂、石山寺(滋賀県)
2 羽後町田代、阿仁根子(秋田県)
3 能登半島(石川県)
4 八頭町、智頭町(鳥取県)
5 奄美大島(鹿児島県)
6 萩(山口県)
7 三井寺(滋賀県)
8 南会津(福島県)
9 青ヶ島(東京都)
10 三浦半島(神奈川県)

【著者プロフィール】
アレックス・カー
東洋文化研究者。1952年、米国生まれ。イェール大学日本学部卒業。
在学中に慶應義塾大学国際センターで日本語研修。77年から京都府亀岡市に居を構え、書や古典演劇、古美術など日本文化の研究に励む。
景観と古民家再生のコンサルティングも行い、徳島県祖谷、長崎県小値賀町などで滞在型観光事業を営む。
著書に『ニッポン景観論』(集英社新書)、『美しき日本の残像』(朝日文庫、94年新潮学芸賞)、『観光亡国論』(清野由美と共著、中公新書ラクレ)など。

上記内容は本書刊行時のものです。