版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ダーウィンの呪い 千葉 聡(著/文) - 講談社
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

ダーウィンの呪い (ダーウィンノノロイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
新書判
352ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-06-533691-5   COPY
ISBN 13
9784065336915   COPY
ISBN 10h
4-06-533691-0   COPY
ISBN 10
4065336910   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0245  
0:一般 2:新書 45:生物学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年10月12日
最終更新日
2024年2月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-02-03 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 笈入建志(往来堂書店店長)
2023-12-02 朝日新聞  朝刊
評者: 杉田俊介(批評家)
MORE
LESS

紹介

ダーウィンを祖とする進化学は、ゲノム科学の進歩と相まって、生物とその進化の理解に多大な貢献をした。一方で、ダーウィンが提唱した「進化論」は自然科学に革命を起こすにとどまらず、政治・経済・文化・社会・思想に多大な影響をもたらした。そして、悲劇的なことに、進化論を曲解した彼の後継者たちが「優生思想」という怪物を生み出した。〈一流の進化学者〉たちによって権威づけられた優生学は、欧米の科学者や文化人、政治家を魅了し、ついにはナチスの反ユダヤ思想とつながり「ホロコースト」という悲劇を生み出すことになる。

第一線の進化学者で、進化学の歴史に詳しい著者は、ダーウィンが独創した進化論は、期せずして3つの「呪い」を生み出したと分析する。「進歩せよ」を意味する〈進化せよ〉、「生き残りたければ、努力して闘いに勝て」を意味する〈生存闘争と適者生存〉、そして「この規範は人間社会も支配する自然の法則だから、不満を言ったり逆らったりしても無駄だ」を意味する、〈ダーウィンもそう言っている〉である。順に、「進化の呪い」「闘争の呪い」「ダーウィンの呪い」である。

本来、方向性がなく、中立的な進化が、なぜひたすら「進歩」が続くと信じられるようになったのか。ダーウィンとその理解者、そしてその志を継いだ後継者たちが、いかにして3つの呪いにかけられていったのか。稀代の書き手として注目される著者が、進化論が生み出した「迷宮」の謎に挑む。

第一章 進化と進歩
第二章 美しい仮説と醜い事実
第三章 灰色人
第四章 強い者ではなく助け合う者
第五章 実験の進化学
第六章 われても末に
第七章 人類の輝かしい進歩
第八章 人間改良
第九章 やさしい科学
第十章 悪魔の目覚め
第十一章 自由と正義のパラドクス
第十二章 無限の姿

目次

第一章 進化と進歩
進化に方向性はあるのか/「マジック・ワード」エヴォリューション/進歩は光、衰退は闇/『種の起源』以前のエヴォリューション/ダーウィンの揺らぎ/19世紀の世界観が生み出した「進化の呪い」/心強い味方ジョサイア2世/ダーウィンに影響を与えた経済学者たち/虚無の世界観/自然選択の仕組み/自然選択で「人間らしさ」は生まれるのか/集団選択と「呪い」の融合
第二章 美しい仮説と醜い事実
「適者生存」をめぐるミステリー/妥協がもたらした深刻な弊害/社会進化論に対する誤解/スペンサーは適者生存を重視していなかった/植民地支配と進化論/明治時代に輸入された「適者生存」
第三章 灰色人
期待したほど売れなかった『種の起源』/サイエンスライターが広げた「進化論」/自然選択を圧倒した獲得形質論/「闘争の呪い」を呪詛に変える改変/進化論と道徳/恐るべき未来
第四章 強い者ではなく助け合う者
フェイクニュース/革命家クロポトキン/クロポトキンvs.ハクスリー/ダーウィンからラマルクへ傾斜/自然選択と利他性は両立するのか/「道徳と倫理」と自然選択/“道徳の遺伝子”/ゲノム編集で「超人」を作ることが許されるのか」/ゲノム編集で「超人」を作
ることが許されるのか/進化を進歩に変える試み
第五章 実験の進化学
スペンサーvs.ヴァイスマン/ネオ・ダーウィニズム/ルイ・アガシの弟子たち/ネオ・ラマルキズムの台頭/獲得形質論争/「山賊」が集うラボの革新的研究/現代進化学の体系を作ったドブジャンスキー
第六章 われても末に
ダーウィンの従弟/回帰の発見/二人の生物学者の友情、そして破綻/現代統計学に礎を築いたもう一人の天才/生物学史に残る大論争/同じものを見ていた/未来を先取りしすぎた男/数学の天才を支えたダーウィンの息子/現代進化学がもたらした光と闇/打ち砕かれた楽観論
第七章 人類の輝かしい進歩
ヒトラーの専属医師が遺した言葉/ナチスのお手本/「呪い」が生み出した優生思想/恐るべき閃き/天才統計学者が継承した優生学/科学を捻じ曲げたピアソン/優生学の世界的拠点
第八章 人間改良
ダーウィンの息子/階級的立場からの決めつけ/天才統計学者が書いた「怪文書」/転換点/ダーウィンの息子vs.ウェッジウッド4世/若き優生学者の懺悔
第九章 やさしい科学
米国の優生学/優生学綱領/フランスの優生学運動/人種隔離政策と博物館の意外な関係/生態系保全の第一人者が書いた優生学の「バイブル」/優生学に否定的だったモーガン/「民族浄化の科学」
第十章 悪魔の目覚め
自己家畜化する人間/ギリシャ時代からあった優生思想/優生思想で滅びたスパルタ/生き残ったソフトな優生学/ドブジャンスキーとマラーの対立/ステルス化する優生学
第十一章 自由と正義のパラドクス
優生学の思想性/目的はどこにあるのか/平和の祭典と優生学/崇高な理念とおぞましい差別
第十二章 無限の姿
現代のトランスヒューマニズム/ゲノム改変の誘惑/メルクマールは「目的」 ほか

著者プロフィール

千葉 聡  (チバ サトシ)  (著/文

東北大学東北アジア研究センター教授、東北大学大学院生命科学研究科教授(兼任)。1960年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。静岡大学助手、東北大学准教授などを経て現職。専門は進化生物学と生態学。著書『歌うカタツムリ──進化とらせんの物語』(岩波科学ライブラリー、2017)で第71回毎日出版文化賞・自然科学部門を受賞。ほかに、『進化のからくり──現代のダーウィンたちの物語』(講談社ブルーバックス、2020)、『生物多様性と生態学──遺伝子・種・生態系』(共著、朝倉書店、2012)、『招かれた天敵――生物多様性が生んだ夢と罠 』(みすず書房、2023)などの著作がある。

上記内容は本書刊行時のものです。