版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
自分が嫌いなまま生きていってもいいですか? 横川 良明(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

自分が嫌いなまま生きていってもいいですか? (ジブンガキライナママイキテイッテモイイデスカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
46
216ページ
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-06-533104-0   COPY
ISBN 13
9784065331040   COPY
ISBN 10h
4-06-533104-8   COPY
ISBN 10
4065331048   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年8月18日
最終更新日
2023年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

生きづらさを抱える人たちから、共感の声多数!
“推し本”著者による人気エッセイが書籍化。

本屋に行けば「自己肯定感」をテーマにした書籍がずらりと並び
「誰かに愛されるには、まず自分が愛してあげること」
そんなアドバイスが溢れかえる世の中。でも、実際に自己肯定感の低さで悩む人にとっては、自分を愛することの大切さは理解しつつ「そんな簡単に好きになれてたら苦労しないよ…」というのもまた偽らざる本音でしょう。

本書では、自分が嫌いなことには誰にも負けない自信のある(?)著者が、

◆「自分嫌い」を決定づけた、幼い頃からのコンプレックスや苦い経験の数々
◆大人になって日々直面する“自己肯定感が低い人あるある”
◆自分を好きになりたくて、“自分磨き”で試行錯誤した日々
◆そして辿り着いた「これ以上、自分が傷つかないための方法」

を、面白おかしく、ときに切なさも交えて綴ります。

自己肯定感を高めるためにひと通りのことは試した、でもやっぱり無理だった。それでも幸せになることを諦めずに自分と向き合うことで掴んだ、仕事や恋愛、人間関係での適切な距離の取り方、心の満たし方。自分のことが好きになれなくても、人に優しくすることはできるし、幸せにもなれるはず。

「なりたいものになれなかった」「誰にも選ばれなかった」そんな自分と、折り合いをつけられずにしんどさを抱える人たちの背中に、そっと手を添える一冊です。


↓↓本書を読んだ方の感想↓↓(※NetGalley会員コメント)

「どの章も心に刺さり過ぎて「わかるー」と共感の嵐と共に自己嫌悪の渦。でも作者の赤裸々な心の内を読んでると同志がいる…!と、気が楽になります。 自己肯定感が低いのをどうにかしたいなぁと思案しても、自分らしさとかけ離れたキラキラした世界に行ける気がしない。でもそんな自分のままで生きていくのも悪くないかもって思わせてくれる本でした」

「 自分を好きになれない人、どうしても自信が持てない人には、途中で投げ出したくなるくらいのしんどい共感が出てくるかもしれないけれど、どうか最後まで読んでほしい。著者がこの本を書いてくれたことに感謝したい」

「そのままの自分で生きるということは、何と難しいことなのでしょう。 自分を愛そうキャンペーンという流行りに乗らなくても良い、今の自分が嫌いなままで生きていていいのだと、すっきりした読後感です」


※本書は、webマガジン「mi-mollet」(https://mi-mollet.com/)での連載『自分のこと嫌いなまま生きていってもいいですか?』をベースに、大幅に加筆・修正したものです。

著者プロフィール

横川 良明  (ヨコガワ ヨシアキ)  (著/文

1983年生まれ、大阪府出身。ライターとして、テレビドラマから映画、演劇まで、エンタメに関するインタビューやコラムで幅広く活躍。誰もが「わかる!」と思わずにはいられない共感を呼ぶ切り口、うっかり吹き出しそうになる比喩の面白さといった圧倒的な文章力で多くの支持を集めている。著書に『人類にとって「推し」とは何なのか、イケメン俳優オタクの僕が本気出して考えてみた』(サンマーク出版)、『役者たちの現在地』(KADOKAWA)、共著『脚本家・野木亜紀子の時代』(blueprint)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。