版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
完全シミュレーション 台湾侵攻戦争 山下 裕貴(著/文) - 講談社
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

完全シミュレーション 台湾侵攻戦争 (カンゼンシミュレーション タイワンシンコウセンソウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
新書判
216ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-06-531959-8   COPY
ISBN 13
9784065319598   COPY
ISBN 10h
4-06-531959-5   COPY
ISBN 10
4065319595   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0231  
0:一般 2:新書 31:政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年3月7日
最終更新日
2024年5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-05-14 産經新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

「問題は、侵攻のあるなしではない。それがいつになるかだ」
中国の台湾侵攻について、各国の軍事・外交専門家はそう話す。
中国の指導者・習近平はなにをきっかけに侵攻を決断するのか。
その際、まず、どのような準備に着手するのか。
アメリカ・台湾はその徴候を察知できるのか――。
元陸上自衛隊最高幹部が、台湾侵攻を完全にシミュレーションした!
陸上自衛隊の第三師団長、陸上幕僚副長、方面総監を務めた元陸将・山下裕貴氏は、沖縄勤務時代には与那国島への部隊配置も担当した。中国人民解放軍、米インド太平洋軍、そしてもちろん自衛隊の戦力を知り尽くす。戦地となる台湾周辺の地形も分析し、政府首脳も参加する机上演習(ウォーゲーム)のコーディネーターも務める、日本最高の専門家で、本書はいわば、「紙上ウォーゲーム」である。

中国と台湾を隔てる台湾海峡は、もっとも短いところで140キロもある。潮の流れが速く、冬場には強風が吹き、濃い霧が発生して、夏場には多くの台風が通過する、自然の要害である。
ロシアによるウクライナ侵略では、地続きの隣国にもかかわらず、弾薬や食料などの輸送(兵站)でロシア軍は非常な困難に直面し、苦戦のもっとも大きな原因となった。
中国は台湾に向け、数十万の大軍を波高い海峡を越えて送り込むことになる。上陸に成功しても、その後の武器・弾薬・燃料・食料・医薬品の輸送は困難をきわめる。
「台湾関係法」に基づき、「有事の場合は介入する」と明言しているアメリカも、中国の障害となる。アメリカ軍が動けば、集団的自衛権が発動され、同盟国の日本・自衛隊も支援に回る。
つまり、自衛隊ははじめて本格的な戦闘を経験することになる。
日米が参戦すれば、中国は台湾、アメリカ、日本の3ヵ国を敵に回し、交戦することを強いられる。
それでも、習近平総書記率いる中国は、「必勝」の戦略を練り上げ、侵攻に踏み切るだろう。
そうなったとき台湾はどこまで抵抗できるのか。
アメリカの来援は間に合うのか。
台湾からわずか110キロの位置にある与那国島は、台湾有事になれば必ず巻き込まれる。与那国島が、戦場になる可能性は高い――。
手に汗握る攻防、迫真の台湾上陸戦分析!

目次

プロローグ
第1部 中国はいつ台湾侵攻を決断するのか
アメリカが予測する「Xデー」
「独立」を望んだときが危ない
習近平の野望
中国の国内事情
「台湾海峡」という大障害
「台湾関係法」とアメリカの台湾支援
驚異的な進歩を遂げた中国人民解放軍
自衛隊の「実力」

第2部 台湾有事シミュレーション
台湾侵攻完全シミュレーション〈Xデーまで〉
【人民解放軍の状況】
【Xデーマイナス数ヵ月】
【Xデーマイナス数ヵ月~1ヵ月】
【Xデーマイナス10~7日】
【Xデーマイナス4日】
【Xデーマイナス3日】
【Xデーマイナス2~1日】
【Xデー:上陸日】
台湾有事は日本にどう波及するか
東シナ海海空戦に突入
日本は「中立国」なのか

第3部  シミュレーション解説
中国はウクライナ戦争から何を学んだか
「ハイブリッド戦」の効果
過去の「台湾海峡危機」
台湾の孤独な戦い
半導体産業とバーチャル国家構想
自衛隊「防衛力整備計画」を診断する
最重要は「住民避難計画」の策定
残された課題
安全確保法制は機能するのか
親日国・台湾と日本の絆

第4部 戦争の結末
日米の参戦
「摩擦」の発生と不測の事態
【上陸開始の数日前】
【Xデー:上陸日】
【上陸2日目】
【上陸3日目】
【上陸4日目】
【上陸5日目】
【上陸6~10日目】
【上陸4週目】
【上陸後5週~6週】
【上陸後数ヵ月】
侵攻作戦の結末

あとがき

著者プロフィール

山下 裕貴  (ヤマシタ ヒロタカ)  (著/文

1956年、宮崎県生まれ。1979年、陸上自衛隊入隊。自衛隊沖縄地方協力本部長、東部方面総監部幕僚長、第三師団長、陸上幕僚副長、中部方面総監などの要職を歴任。特殊作戦群の創設にも関わる。2015年、陸将で退官。現在、千葉科学大学及び日本文理大学客員教授。
著書に『オペレーション雷撃』(文藝春秋)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。