版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ゴリラ裁判の日 須藤 古都離(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

ゴリラ裁判の日 (ゴリラサイバンノヒ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
四六変型判
336ページ
定価 1,750円+税
ISBN
978-4-06-531009-0   COPY
ISBN 13
9784065310090   COPY
ISBN 10h
4-06-531009-1   COPY
ISBN 10
4065310091   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年1月20日
最終更新日
2024年5月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-09-02 毎日新聞  朝刊
評者: 花田菜々子(書店員)
2023-04-30 産經新聞  朝刊
評者: 吉田大助(ライター・書評家)
2023-04-01 東京新聞/中日新聞  朝刊
2023-03-19 読売新聞  朝刊
評者: 宮部みゆき(作家)
MORE
LESS

紹介

カメルーンで生まれたニシローランドゴリラ、名前はローズ。メス、というよりも女性といった方がいいだろう。ローズは人間に匹敵する知能を持ち、言葉を理解する。手話を使って人間と「会話」もできる。カメルーンで、オスゴリラと恋もし、破れる。厳しい自然の掟に巻き込まれ、大切な人も失う。運命に導かれ、ローズはアメリカの動物園で暮らすようになった。政治的なかけひきがいろいろあったようだが、ローズは意に介さない。動物園で出会ったゴリラと愛を育み、夫婦の関係にもなる。順風満帆のはずだった――。
その夫が、檻に侵入した4歳の人間の子どもを助けるためにという理由で、銃で殺されてしまう。なぜ? どうして麻酔銃を使わなかったの? 人間の命を救うために、ゴリラは殺してもいいの? だめだ、どうしても許せない! ローズは、夫のために、自分のために、正義のために、人間に対して、裁判で闘いを挑む! アメリカで激しい議論をまきおこした「ハランベ事件」をモチーフとして生み出された感動巨編。第64回メフィスト賞満場一致の受賞作。

著者プロフィール

須藤 古都離  (スドウ コトリ)  (著/文

須藤古都離(すどう・ことり)
1987年、神奈川県生まれ。青山学院大学卒業。2022年「ゴリラ裁判の日」で第64回メフィスト賞受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。