版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
日本エッセイ小史 人はなぜエッセイを書くのか 酒井 順子(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

日本エッセイ小史 人はなぜエッセイを書くのか (ニホンエッセイショウシ ヒトハナゼエッセイヲカクノカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
四六判
224ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-06-531006-9   COPY
ISBN 13
9784065310069   COPY
ISBN 10h
4-06-531006-7   COPY
ISBN 10
4065310067   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年3月29日
最終更新日
2024年6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-07-08 毎日新聞  朝刊
評者: 永江朗(ライター)
2023-06-25 産經新聞  朝刊
評者: 林望(作家)
2023-06-10 日本経済新聞  朝刊
評者: 山崎ナオコーラ(作家)
2023-05-21 読売新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

『枕草子』『土佐日記』の昔から日本人に親しまれてきた「エッセイ」。「昭和軽薄体」の大ブームや芸能人エッセイの人気、そして高齢者エッセイの百花繚乱ぶりなど、いつの世も「エッセイ」は時代とともにある。
では「エッセイ」とは何か? 「随筆」「コラム」「ノンフィクション」とどう違う? 
「エッセイ」を読んだことのない人はいないはずなのに、意外と誰も答えられない「エッセイ」の正体。

「エッセイスト」を名乗り講談社エッセイ賞選考委員を長らく務めてきた「エッセイの専門家」である著者が、時代を彩った大ヒット名エッセイ160余作品をひもときながら、満を持して真正面から「エッセイ」を縦横無尽に語り尽くす!

エッセイストがエッセイについて綴るエッセイ、ついに登場。

著者プロフィール

酒井 順子  (サカイ ジュンコ)  (著/文

1966年生まれ。東京都出身。高校生のときから雑誌でコラムの執筆を始める。立教大学卒業後、広告代理店勤務を経て執筆に専念。2003年に発表した『負け犬の遠吠え』がベストセラーとなり、婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。女性の生き方、古典、旅、文学など幅広く執筆。主な著書に『ユーミンの罪』『子の無い人生』『源氏姉妹』『百年の女 『婦人公論』が見た大正、昭和、平成』『家族終了』『ガラスの50代』『うまれることば、しぬことば』『女人京都』など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。