版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
宇宙検閲官仮説 「裸の特異点」は隠されるか 真貝 寿明(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

宇宙検閲官仮説 「裸の特異点」は隠されるか (ウチュウケンエツカンカセツ ハダカノトクイテンハカクサレルカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
新書判
256ページ
定価 1,000円+税
ISBN
978-4-06-530995-7   COPY
ISBN 13
9784065309957   COPY
ISBN 10h
4-06-530995-6   COPY
ISBN 10
4065309956   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0242  
0:一般 2:新書 42:物理学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年1月16日
最終更新日
2024年7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

すべての物理法則が破綻する「特異点」は、ふつうの宇宙であれば必ず発生する。物理学者にとってショッキングな
この事実を証明したのが、ロジャー・ペンローズの「特異点定理」だった。
しかし彼は、一方ではこんな「仮説」も提唱したーー本当に厄介な「裸の特異点」は、宇宙検閲官がブラックホール
で覆い隠してくれている、だからきっと大丈夫だ! 
はたしてこの仮説は、定理となりうるのか、それとも願望にすぎないのか? 物理学の存亡をかけた検証が始まった!

2020年ノーベル物理学賞の対象となった「特異点定理」を一般書で初めて解説し、一般相対性理論はみずから破綻する「宿命」であることを示しながら、宇宙検閲官仮説が本当に成立するか否かをスリリングに検証! そこからは、宇宙創成の謎解きにつながる数々の最先端の理論も「副産物」として生まれてくる! 映画『インターステラー』に描かれたブラックホールと特異点のリアルな姿がここにあります。

(本書の内容)
第1章 一般相対性理論とは
第2章 アインシュタイン方程式の解
第3章 特異点定理
第4章 宇宙検閲官仮説
第5章 特異点定理と宇宙検閲官仮説の副産物
 

著者プロフィール

真貝 寿明  (シンカイ ヒサアキ)  (著/文

1966年東京都生まれ。大阪工業大学情報科学部教授。理化学研究所客員研究員。博士(理学)。専門は一般相対性理論・宇宙物理学(ブラックホール、重力波、高次元宇宙など)・天文文化学(文化史と科学史の融合)。

上記内容は本書刊行時のものです。