版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
PIHOTEK  北極を風と歩く 荻田 泰永(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

PIHOTEK  北極を風と歩く (ピヒュッティ ホッキョクヲカゼトアルク)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
A4変型判
32ページ
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-06-528316-5   COPY
ISBN 13
9784065283165   COPY
ISBN 10h
4-06-528316-7   COPY
ISBN 10
4065283167   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C8793  
8:児童 7:絵本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年6月15日
最終更新日
2023年12月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本絵本賞大賞受賞!造本装幀コンクール日本書籍出版理事長賞受賞!

「植村直己冒険賞」受賞の極地冒険家、荻田泰永×「世界で最も美しい本コンクール」銀賞受賞の井上奈奈による絵本。
北極をたった一人で歩く”僕”の一日を描く。
頬を叩く風、北極での生き方を知る動物たち、空から降りる暗闇、そして……。
北極を歩く”僕”を追体験できる、命と死を感じる美しい絵本。



たった一人、北極を歩いている。
命を支える道具
食料を積んだソリを引きながら、進んでいく。
氷のきしむ音が遠くでひびく。揺れ動く氷の海。
歩けども、歩けども、足元はながされていく。(本文より)


「環境問題とは数字の問題ではない。命の問題だ。自分の命はもちろん、隣にいる大切な人の命であり、会ったこともない遠い土地の誰かの命であり、時代も異なる動物の命のことだ。ー中略ー北極を冒険することは、生きることだ。そして、死を感じることだ。その死とは、誰かの命であり、いつの日か自分の体も分解されて、空に舞い、風に吹かれて誰かの命にたどり着く。」(巻末エッセイより)

著者プロフィール

荻田 泰永  (オギタ ヤスナガ)  (著/文

北極冒険家。2000年よりカナダ北極圏やグリーンランド、北極海で主に単独徒歩での冒険を実施。これまでに17回の北極行を経験。2018年には日本人初の南極点無補給単独徒歩到達に成功。2017植村直己冒険賞受賞。これまでに、北極と南極を1万km以上踏破。

井上 奈奈  (イノウエ ナナ)  (著/文

作家、画家。本に纏わる色々。16歳のとき、単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。武蔵野美術大学卒業。国内外での個展やアートフェアにて作品発表を続け、近年は絵本作品を発表。2018年絵本『くままでのおさらい』特装版がドイツライプツィヒにて開催された「世界で最も美しい本コンクール」にて銀賞を受賞。
主な著作い『ちょうちょうなんなん』『猫のミーラ』『星に絵本を繋ぐ』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。