版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
新しい声を聞くぼくたち 河野 真太郎(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

新しい声を聞くぼくたち (アタラシイコエヲキクボクタチ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
四六判
344ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-06-527742-3   COPY
ISBN 13
9784065277423   COPY
ISBN 10h
4-06-527742-6   COPY
ISBN 10
4065277426   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年3月17日
最終更新日
2024年6月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-08-28 読売新聞  朝刊
評者: 柴崎友香(作家)
2022-07-30 毎日新聞  朝刊
評者: 清田隆之(文筆業)
2022-07-30 日本経済新聞  朝刊
評者: 大前粟生(作家)
MORE
LESS

紹介

変わっていく世界と、ぼくたちのいらだち。
与えられた剣と鎧はどうやって手放したらいい?
映画や漫画など様々なコンテンツから、近年のフェミニズムの興隆の中で男性はどう生きるべきかを読み解く、画期的な文芸批評。

【目次】
はじめに

第一部 ぼくらは何を憎んでいるのか

第一章 能力と傷──ポストフェミニズム時代の男性性
第二章 やつらと俺たち──階級と男性性
第三章 助力者と多文化主義ーー男性性のいくつかの生き残り戦略

第二部 男性性、コミュ力、障害、そしてクリップ

第四章 「のけものたち」の時代
第五章 コミュ力時代の男たち
第六章 「個性としての障害」と治癒なき主体のユートピア

第三部 ライフコースのクィア化、ケアする男性

第七章 母の息子のミソジニー、母の息子のフェミニズム
第八章 ぼくら、イクメン
第九章 老害と依存とケア、そしてクィアな老後の奪還

おわりに──ケアする社会と共通文化としての「新たな男性性」

著者プロフィール

河野 真太郎  (コウノ シンタロウ)  (著/文

専修大学国際コミュニケーション学部教授。専門はイギリス文学・文化ならびに新自由主義の文化と社会。著書に『戦う姫、働く少女』(堀之内出版、2017年)、共編著に『終わらないフェミニズム――「働く」女たちの言葉と欲望』(研究社、2016年)、翻訳にトニー・ジャット/ティモシー・スナイダー『20世紀を考える』(みすず書房、2015年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。