版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「知の商人」たちのヨーロッパ近代史 水田 洋(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

9784065258996

「知の商人」たちのヨーロッパ近代史 (「チノショウニン」タチノヨーロッパキンダイシ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
文庫判
320ページ
定価 1,180円+税
ISBN
978-4-06-525899-6   COPY
ISBN 13
9784065258996   COPY
ISBN 10h
4-06-525899-5   COPY
ISBN 10
4065258995   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0122  
0:一般 1:文庫 22:外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年8月26日
最終更新日
2021年10月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

古来、思想は<出版>という形で普及し、後世へ残った。ならば、知の媒介者たる「印刷・出版業」から16世紀から20世紀の近代を眺めてみよう。そこには、名著を支えた蒐書家や出版人などの人間模様、「知」の商品化による印税騒動など、歴史に埋もれた事件が浮かび上がってくる! 思想史でも書物史でもない、碩学によるユニークな書。

本書は1985年4月、筑摩書房から刊行された『知の商人―近代ヨーロッパ思想史の周辺』を改題、加筆修正したものです。

目次

1 商品になった「知」
エルセフィエル書店
リヴァイアサンの顔
ハーリーとソマーズ
知の商人―ストラーンのばあい
知の商人―エディンバラの出版業者
バーゼルのトゥルナイゼン
固有名詞の読み方
『ケール版ヴォルテール全集』始末記
イギリスのワイン
アメリカ革命の導火線
『エディンバラ評論』の運命
紅茶の話
ジン横丁

2 知識人層の成立
音楽の商品化
うたは世につれ
『共産党宣言』の英訳者
パリ・コミューンと芸術家たち
芸術至上主義と無政府主義・
黒猫のスタンラン
大学と女性
ディーツ出版社
ユニウスとジュニアス
ブラウンス・アルヒーフ
マスク・ヴェーバーをめぐる女性

3 ファシズムのもとで
グーテンベルク図書組合
マリク書店とハートフィールド
亡命知識人とスイス
左翼読書クラブ
一九三〇年代の墓標
ウォーバーグ家の人びと
空襲下のコンサート
ルイジ・エイナウディと研究所
本を愛した外科医
あとがき
学術文庫版あとがき
人名索引

内容抜粋)
「私は昨夜、ヴォルテールが死んだということを聞きました。これで人びとは、安心して彼の著作を買うことができるでしょう。彼はもう、あとからあとから書き直すということができないからです」(一七七八年一月十七日)。この知らせは誤報で、ウォルポールの安心は四ヵ月余り早すぎたのだが、ヴォルテールの止まるところを知らない改訂癖に蔵書家が悩んでいたことは、誤報ではない。  1「『ケール版ヴォルテール全集』始末記」より



目次

1 商品になった「知」
エルセフィエル書店
リヴァイアサンの顔
ハーリーとソマーズ
知の商人―ストラーンのばあい
知の商人―エディンバラの出版業者
バーゼルのトゥルナイゼン
固有名詞の読み方
『ケール版ヴォルテール全集』始末記
イギリスのワイン
アメリカ革命の導火線
『エディンバラ評論』の運命
紅茶の話
ジン横丁

2 知識人層の成立
音楽の商品化
うたは世につれ
『共産党宣言』の英訳者
パリ・コミューンと芸術家たち
芸術至上主義と無政府主義・
黒猫のスタンラン
大学と女性
ディーツ出版社
ユニウスとジュニアス
ブラウンス・アルヒーフ
マスク・ヴェーバーをめぐる女性

3 ファシズムのもとで
グーテンベルク図書組合
マリク書店とハートフィールド
亡命知識人とスイス
左翼読書クラブ
一九三〇年代の墓標
ウォーバーグ家の人びと
空襲下のコンサート
ルイジ・エイナウディと研究所
本を愛した外科医
あとがき
学術文庫版あとがき
人名索引

著者プロフィール

水田 洋  (ミズタ ヒロシ)  (著/文

1919年、東京都生まれ。1941年東京商科大学卒業。専攻は近代ヨーロッパ思想史。名古屋大学名誉教授。『アダム・スミス研究』『近代思想の展開』『社会科学のすすめ』『読書術』『十人の経済学者』『新稿 社会思想小史』など。訳書にアダム・スミス『国富論草稿』、ホッブズ『リヴァイアサン』(全4巻)など、講談社学術文庫に『アダム・スミスーー自由主義とは何か』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。