版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
Voyage 想像見聞録 宮内 悠介(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0

Voyage 想像見聞録

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
四六判
242ページ
定価 1,550円+税
ISBN
978-4-06-523420-4   COPY
ISBN 13
9784065234204   COPY
ISBN 10h
4-06-523420-4   COPY
ISBN 10
4065234204   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年5月14日
最終更新日
2021年6月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

さぁ、出かけよう! 「物語」という旅へ。

様変わりした生活、奪われる自由――。
でも大丈夫、私たちには「小説」がある。

国境、日常、現実を飛び越え、行き先は無限大!
宮内悠介、藤井太洋、小川哲、深緑野分、森晶麿、石川宗生――。
最旬の作家たちが想像の翼を広げて誘う、魅惑のノベル・ジャーニー!




宮内悠介 「国境の子」
対馬から韓国まではわずか一時間。でも「ぼく」にはそれが遠かった。

藤井太洋 「月の高さ」
旅公演スタッフとして遠征中、あの日見た月が胸に去来する。

小川 哲 「ちょっとした奇跡」
自転が止まった地球。カティサーク号は、昼を追いかけ移動を続ける。

深緑野分 「水星号は移動する」
移動式の宿・水星。今日はどんなお客様と出会うのだろう?

森 晶麿 「グレーテルの帰還」
あの夏、最後の家族旅行での惨劇が、私の運命を大きく変えた――。

石川宗生 「シャカシャカ」
地表が突然シャッフルをはじめた!? 姉弟の生き残りをかけた旅が始まる。

目次

宮内悠介 「国境の子」
藤井太洋 「月の高さ」
小川 哲 「ちょっとした奇跡」
深緑野分 「水星号は移動する」
森 晶麿 「グレーテルの帰還」
石川宗生 「シャカシャカ」

著者プロフィール

宮内 悠介  (ミヤウチ ユウスケ)  (著/文

1979年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。2010年に「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞選考委員特別賞(山田正紀賞)を受賞しデビュー。『盤上の夜』で第33回日本SF大賞、『ヨハネスブルグの天使たち』で第34回日本SF大賞特別賞、『彼女がエスパーだったころ』で第38回吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で第30回三島由紀夫賞、『あとは野となれ大和撫子』で第49回星雲賞、『遠い他国でひょんと死ぬるや』で芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。他の著書に『ディレイ・エフェクト』『偶然の聖地』『黄色い夜』などがある。

藤井 太洋  (フジイ タイヨウ)  (著/文

1971年奄美大島生まれ。2012年、ソフトウェア会社に勤務する傍ら執筆した長編『Gene Mapper』を電子書籍で個人出版し、大きな話題となる。2013年に増補完全版『Gene Mapper -full build-』を刊行。『オービタル・クラウド』で第35回日本SF大賞と第46回星雲賞、『ハロー・ワールド』で第40回吉川英治文学新人賞受賞を受賞。他の著書に、『アンダーグラウンド・マーケット』『公正的戦闘規範』『東京の子』『ワン・モア・ヌーク』などがある。

小川 哲  (オガワ サトシ)  (著/文

1986年千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学。2015年に『ユートロニカのこちら側』で 第3回ハヤカワSFコンテストの大賞を受賞しデビュー。『ゲームの王国』で第38回日本SF大賞と第31回山本周五郎賞を受賞。他の著書に『嘘と正典』がある。

深緑 野分  (フカミドリ ノワキ)  (著/文

1983年神奈川県生まれ。2010年、第7回ミステリーズ!新人賞にて短篇「オーブランの少女」が佳作入選、2013年に短篇集『オーブランの少女』が刊行されデビュー。その他の著書に、『戦場のコックたち』『分かれ道ノストラダムス』『ベルリンは晴れているか』『この本を盗む者は』がある。

森 晶麿  (モリ アキマロ)  (著/文

1979年静岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞。同作は「黒猫」シリーズとしてシリーズ化され、人気を博している。他の著書に、「花酔いロジック」シリーズ、「偽恋愛小説家」シリーズ、『キキ・ホリック』、『沙漠と青のアルゴリズム』『前夜』などがある。

石川 宗生  (イシカワ ムネオ)  (著/文

1984年千葉県生まれ。オハイオ・ウェスリアン大学卒。2016年に「吉田同名」で第七回創元SF短編賞を受賞。2018年に受賞作を含む短編集『半分世界』を刊行。2020年に『ホテル・アルカディア』で第30回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。他の著書に『四分の一世界旅行記』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。