版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01 青崎 有吾(著/文) - 星海社
..
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

9784065184677

FGOミステリー小説アンソロジー カルデアの事件簿 file.01

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:星海社
B6判
288ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-06-518467-7   COPY
ISBN 13
9784065184677   COPY
ISBN 10h
4-06-518467-3   COPY
ISBN 10
4065184673   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年11月20日
最終更新日
2020年3月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

FGO×ミステリー

本格ミステリー界から召喚された一騎当千、万夫不当の小説家たちが、精巧かつ大胆な論理の剣戟をFGOの世界に炸裂させる!
カルデアが遭遇した未知なる謎解きを紡ぐ、『Fate/Grand Order』初の小説アンソロジー「カルデアの事件簿」が開幕!

〈収録作品〉
牛若丸&アンデルセン&ロビンらカルデアメンバーがマフィアに潜入!?
燕青&ランスロットが護る金庫から聖杯を奪取せよ!
青崎有吾「暗黒犯罪天楼マンハッタン」

土方歳三の句集が誘拐された!?
新選組&織田信長がサバフェス前のカルデアをぐだぐだに御用改める!
汀こるもの「土方歳三(と)誘拐事件」

ミステリー作家の妄執が生み出した館に横たわるギルガメッシュの遺体。
二柱の女神が繰り広げる推理合戦の行方は!?
天祢涼「イシュタルとエレシュキガルの事件簿」

少女たちが失踪する特異点で目覚めたメイヴ。
だが藤丸立香はマスターとしての記憶を完全に喪失していたーー。
織守きょうや「少女は籠のなか」

聖晶石とはなにかーー。
カルデアシステムを巡るホームズ&モリアーティの推理は奇妙な交錯を果たしーー?
円居挽「Malice or Romance」

※本書は『Fate/Grand Order』をそれぞれの作者が自由な発想、解釈に基づき制作したものであり、『Fate/Grand Order』における公式見解を提示するものではございません。固有名詞、人称、能力設定のみTYPE-MOONの監修を得て制作されており、キャラクター設定、舞台設定など『Fate/Grand Order』公式見解との差異が含まれる可能性があります。

著者プロフィール

青崎 有吾  (アオサキ ユウゴ)  (著/文

1991年、神奈川県生まれ。鮎川哲也賞を受賞し、2012年に『体育館の殺人』でデビュー。同作から始まる“裏染天馬シリーズ”(東京創元社)のほか、『アンデッドガール・マーダーファルス』(講談社タイガ)、『ノッキンオン・ロックドドア』(徳間書店)などの著作がある。

汀 こるもの  (ミギワ コルモノ)  (著/文

1977年、大阪府生まれ。メフィスト賞を受賞し、2008年に『パラダイス・クローズド』でデビュー。同作から始まる“THANATOSシリーズ”(講談社)のほか、『ただし少女はレベル99』(講談社ノベルス)、『五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ』(メディアワークス文庫)などの著作がある。

天祢 涼  (アマネ リョウ)  (著/文

1978年生まれ。メフィスト賞を受賞し、2010年に『キョウカンカク』でデビュー。同作から始まる“美夜シリーズ”(講談社)のほか、『希望が死んだ夜に』(文藝春秋)、『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』(光文社)などの著作がある。

織守 きょうや  (オリガミ キョウヤ)  (著/文

1980年、イギリス・ロンドン生まれ。講談社BOX新人賞Powersを受賞し、2013年に『霊感検定』でデビュー。同作から始まる“霊感検定シリーズ”(講談社)のほか、日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞した『記憶屋』(角川ホラー文庫)、『少女は鳥籠で眠らない』(講談社文庫)などの著作がある。

円居 挽  (マドイ バン)  (著/文

1983年、奈良県生まれ。2009年に『丸太町ルヴォワール』で講談社BOXよりデビュー。同作から始まる“ルヴォワールシリーズ”(講談社)のほか、『キングレオの冒険』(文藝春秋)、『シャーロック・ノート』(新潮文庫nex)などの著作がある。

上記内容は本書刊行時のものです。