版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アンコール ジャック・ラカン(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
講談社選書メチエ

アンコール

発行:講談社
四六判
272ページ
定価 1,950円+税
ISBN
9784065153406
Cコード
C0310
一般 全集・双書 哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年2月26日
最終更新日
2019年4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「フロイトへの回帰」を唱えて精神分析の中興の祖となった偉大なる分析家にして思想家、ジャック・ラカン(1901-81年)。1953年から最晩年まで聴衆を前にして行われたセミネールの中でも最も名高く、最も重視されてきたのが1972-73年度に行われた『アンコール』である。「愛」という主題を据え、精神分析を新たな領域に飛躍させる後期ラカンの真髄とは? 誰もが待ち望んできた全訳、選書メチエでついに登場!


ジャック・ラカン(1901-81年)は、「フロイトへの回帰」を唱えて精神分析の中興の祖となった分析家にして、第一級の思想家でもあった。サン=タンヌ病院などで臨床に専念したラカンは、独自の分析手法「短時間セッション」を開発したが、これがパリ精神分析協会の分裂を引き起こし、フランス精神分析協会に参加する。しかし、国際精神分析協会への加盟条件としてラカンの「教育分析家」資格取消を要求されたため、1964年にはパリ・フロイト派を創設した。
こうした四分五裂を経ながら精神分析を刷新し続けたラカンが自身の精神分析理論について生前に公刊した著作は、ただ1冊。それが『エクリ』(1966年)だが、これは難解な内容をもつ上、日本語訳には問題があると言わざるをえない。そのような状態が続く中、1953年から始められた「セミネール」は多くの聴衆を集めただけでなく、ラカン生前中の1973年から公刊され始め、聴衆を前に語られた貴重な記録となった。
そのセミネールの日本語訳は、1987年から着手されたが、パリ・フロイト派創設の時期にあたる1963-64年度の『精神分析の四基本概念』までの時期のものに限定されている上、価格も高く、また現在では入手できなくなっているものも多い。
そうした状況の中、選書メチエの1冊として、最も名高い『アンコール』をお届けする。これは1972-73年度のセミネールであり、既存の邦訳からはうかがうことのできない後期ラカンの真髄が語られている。「無意識はひとつのランガージュとして構造化されている」というテーゼから出発し、「想像界」、「象徴界」、「現実界」の分類を中心に練り上げられた前期の思想は、いかなる展開を遂げたのか? このセミネールで、ラカンは「愛」という主題を根底に据え、精神分析を新たな領域に飛躍させていく。「恍惚」や「美」など、さまざまな側面から「愛」に迫り、「無知」という領域が指摘される。そうして「女の享楽」という問題が提示され、以降、最晩年まで続けられたセミネールで展開される後期ラカンが幕を開く。
さまざまな仕掛けが凝らされたフランス語を「日本語のテクスト」として読みうるものにするべく、定評ある二人の訳者が全身全霊を捧げて完成させた待望のセミネール。誰もが待ち望んだ1冊が、ついに登場。

目次

I 享楽について
II ヤコブソンに
III 書かれたものの機能
IV 愛とシニフィアン
V アリストテレスとフロイト:他〔者〕の満足
VI 神と斜線を引かれた女の享楽
VII 愛〔魂〕のひとつの手紙〔文字〕
VIII 知と真理
IX バロックについて
X ひもの輪
XI 迷路のなかのネズミ

著者プロフィール

ジャック・ラカン  (ジャック ラカン)  (著/文

1901-81年。フランスの精神分析家。パリ大学医学部などで学び、サン=タンヌ病院などで臨床に専念。1964年にはパリ・フロイト派を創設した。1953年から始められたセミネールは多くの聴衆を集めるとともに、大きな影響を与え続けている。著書に、『エクリ』(全3巻、弘文堂)。

藤田 博史  (フジタ ヒロシ)  (翻訳

1955年生。精神科医。信州大学医学部卒業。フランス国立ニース大学文学部哲学科博士課程、医学部精神医学専門医課程を経て、現在、医療法人ユーロクリニーク理事長・院長。著書に、『精神病の構造』、『性倒錯の構造』、『幻覚の構造』(以上、青土社)ほか。訳書に、ジャック・ラカン『テレヴィジオン』(講談社学術文庫)ほか。

片山 文保  (カタヤマ フミヤス)  (翻訳

1951年生。慶應義塾大学文学部卒業。文学博士(フランス国立ニース大学)。現在、明星大学教育学部教授。専門は、フランス現代思想・精神分析。論文に、「自我と欲動」、「機知と他者」(以上、『明星大学研究紀要 人文学部』)、「絵画と構造」(『I.R.S.』)ほか。訳書に、ジャック・ラカン『テレヴィジオン』(講談社学術文庫)。

上記内容は本書刊行時のものです。