版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
林達夫芸術論集 林 達夫(著) - 講談社
...
講談社文芸文庫

林達夫芸術論集

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
縦160mm
301ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-06-290052-2   COPY
ISBN 13
9784062900522   COPY
ISBN 10h
4-06-290052-1   COPY
ISBN 10
4062900521   COPY
出版者記号
06   COPY
 
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2009年6月
登録日
2019年5月13日
最終更新日
2019年5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-03 日本経済新聞  朝刊
評者: 岡田温司(美術史家)

紹介

軍国主義から共産主義へと移ろう時代の風に対しつねに反語的精神で佇ち、ルネサンス研究始め知の領域へのあくなき探索の道程で、「批評家と歴史家との幸福な結合」(三木清)を体現した林達夫。若き日の天稟を示す「歌舞伎劇に関するある考察」、ダ・ヴィンチ「聖アンナ母子像」の深遠な謎に果敢に分け入るスリリングな論考「精神史」、最晩年の「遊戯神通の芸術」等、林達夫の核心ともいうべき"芸術へのチチェローネ(案内)"二十一篇。

目次

1 思想について
2 青春
3 雑誌「思想」の周辺
4 庭と家
5 戦中・戦後
6 百科全書派
7 「知」の結晶形

上記内容は本書刊行時のものです。