版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ピョンヤンの夏休み――わたしが見た「北朝鮮」 柳 美里(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

ピョンヤンの夏休み――わたしが見た「北朝鮮」 (ピョンヤンノナツヤスミワタシガミタキタチョウセン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
四六判
290ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-06-217248-6   COPY
ISBN 13
9784062172486   COPY
ISBN 10h
4-06-217248-8   COPY
ISBN 10
4062172488   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2011年12月
書店発売日
登録日
2016年3月14日
最終更新日
2019年1月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ベールに包まれた「北朝鮮」を辿る旅。2008年から3回にわたって、芥川賞作家・柳美里は朝鮮民主主義人民共和国を訪れた。2度目までは一人で、そして3度目は10歳の息子・丈陽、そして16歳年下の同居人男性という「奇妙な家族」で向かった。著者のアイデンティティを探る記録であるのと同時に、〈家族〉と〈故郷〉の内実が解き明かされる刺激的なノンフィクション作品!


■作家・柳美里にとっての、もう一つの〈祖国〉朝鮮民主主義人民共和国。偏見にとらわれることなく、柳美里自身が見た「北朝鮮」の姿は何か。本人撮影による写真とともに綴られる、3度の訪朝を記録した本格紀行ノンフィクション。

■在日2世として日本に育った著者にとって、みずからのアイデンティティを探る試みは、これまで大作『8月の果て』で結実していたかのように思える。だが、そのルーツをさかのぼり、ベールに包まれた朝鮮民主主義人民共和国の内実を、自らの目で、肌で、足で追う作業は、彼女にとって当然の帰結だった。

■2008年から3回にわたって著者は北朝鮮を訪れた。2度目までは一人で、そして3度目は10歳の息子・丈陽、そして16歳年下の同居人男性という「奇妙な家族」で向かった。この作品は、柳美里のアイデンティティを探る記録であるのと同時に、〈家族〉と〈故郷〉の内実が解き明かされる刺激的なノンフィクションだ。

目次

第一章 初訪朝――わたしが見た、幻の祖国  二〇〇八年十月
第二章 こころが祖国に根を生やしている――朝鮮は霧の国だった
第三章 太陽節と国際マラソン大会――8月の果て 二〇一〇年四月
第四章 家族と故郷――息子を連れての訪朝    二〇一〇年八月
あとがき

著者プロフィール

柳 美里  (ユウ ミリ)  (著/文

(ゆう・みり)

 1968年生まれ。高校中退後、劇団「東京キッドブラザース」に入団。93年、『魚の祭』で、岸田國士戯曲賞を最年少で受賞。96年、初の小説集『フルハウス』を刊行し、泉鏡花文学賞・野間文芸新人賞を受賞。同年、「家族シネマ」で芥川賞を受賞。99年、『ゴールドラッシュ』で、木山捷平文学賞を受賞。01年、『命』で編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞を受賞、これに続く『魂』ほか、『命』四部作は累計百万部を超えるベストセラーとなる。

 他の代表作に、『石に泳ぐ魚』(新潮社)、『8月の果て』(新潮社)ほか。近刊に『山手線内回り』(河出書房新社)、『オンエア』(講談社)、『ファミリー・シークレット』(講談社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。