版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
戦うハプスブルク家 菊池 良生(著/文) - 講談社
..

書店員向け情報 HELP

戦うハプスブルク家 (タタカウハプスブルクケ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
新書判
206ページ
定価 900円+税
ISBN
978-4-06-149282-0   COPY
ISBN 13
9784061492820   COPY
ISBN 10h
4-06-149282-9   COPY
ISBN 10
4061492829   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0222  
0:一般 2:新書 22:外国歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
1995年12月
書店発売日
登録日
2015年12月30日
最終更新日
2015年12月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中世的秩序をゆるがし、新たな国家間システムを生み出す契機となった、ハプスブルク家(旧教)・新教諸勢力間の悲惨な長期抗争の推移をたどる。

白山の戦い――晩秋の霧がたちこめていた1620年11月8日、プラハ近郊のわずか標高38メートルの小高い丘、白山で戦闘が起きた。……戦闘は2時間と続かなかった。……文句なくカトリック連合軍の圧勝であった。……注目すべき点は、勝利者フェルディナント2世の明確な意志が余すところなく貫かれたその戦後処理である。このことがやがて全ドイツを、そして全ヨーロッパを以後30年近くにわたって恐ろしい戦争に引きずり込んだのだから。――本書より

目次

●ハプスブルク家の野望
 「第五君主国創設」と普遍帝国理念
●30年戦争始まる
●フェルディナント2世の絶対主義政策
●皇帝の切り札ヴァレンシュタイン
●北方の獅子グスタフ・アドルフ
●ヴァレンシュタイン暗殺と戦争の行方
●リシュリューの帝国政策
 フランスの参戦
●ウェストファリア条約

上記内容は本書刊行時のものです。