版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
この世の息 歌人・河野裕子論 大森 静佳(著/文) - 角川文化振興財団
..

この世の息 歌人・河野裕子論

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
256ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-04-884387-4   COPY
ISBN 13
9784048843874   COPY
ISBN 10h
4-04-884387-7   COPY
ISBN 10
4048843877   COPY
出版者記号
04   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年12月10日
書店発売日
登録日
2020年11月24日
最終更新日
2020年12月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

河野裕子のもとで歌を学んだ最後の歌人・大森静佳が、六十四年の生涯に残した河野の十五冊の歌集を丁寧に読み込み、自在に変化してゆく詠風と、変わらぬ歌への強い愛情、そして歌に懸けた強い意志に迫った論考集

目次

第一章『森のやうに獣のやうに』 
第二章『ひるがほ』『桜森』  
第三章『はやりを』『紅』 
第四章『歳月』『体力』『家』   
第五章『歩く』『日付のある歌』『季の栞』『庭』
第六章『母系』『葦舟』『蝉声』 
特別論考「この世のからだ」

著者プロフィール

大森 静佳  (オオモリ シズカ)  (著/文

1989年、岡山県生まれ。高校から短歌をはじめ、高校3年時に毎日歌壇賞を受賞。京都大学進学後、京都大学短歌会に入会、のちに代表を務める。大学在学中の2010年に作品「硝子の駒」50首で第56回角川短歌賞受賞。2013年、第1歌集『てのひらを燃やす』を刊行、第39回現代歌人集会賞受賞。2014年、同歌集で第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会賞を受賞。2019年、第2歌集『カミーユ』で第12回日本一行詩大賞を受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。