版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実 平山 優(著/文) - KADOKAWA
..

真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実 (サナダノブシゲ ユキムラトヨバレタオトコノシンジツ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
384ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-04-703563-8   COPY
ISBN 13
9784047035638   COPY
ISBN 10h
4-04-703563-7   COPY
ISBN 10
4047035637   COPY
出版者記号
04   COPY
Cコード
C0395  
0:一般 3:全集・双書 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年10月7日
最終更新日
2015年10月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2015-11-29 読売新聞
2015-11-01 本の旅人  
評者: 平山優
MORE
LESS

紹介

諱は「幸村」か「信繁」か。真田丸はどこにあり、どんな形態をしていたのか。実戦経験の乏しい信繁が、なぜ徳川方も称賛するほどの軍功をあげることが出来たのか――真田研究の第一人者が、文書や軍記物、絵図や布陣図ほか数少ない史料を博捜し、真田信繁をめぐる通説・俗説・新説をその根本から再検証。重視され続ける旧来の大坂の陣論や家康謀略論をも問い直し、幾多の謎に包まれた「不思議なる弓取」の実像を解き明かす。


豊臣秀頼を滅ぼした徳川家康の意外な真意とは。
信繁たち大坂方の牢人は、大坂の陣でどんな役割を果たしたのか。
彼らの活躍は両陣営の戦況と政策に如何なる影響を与えていたのか――。
勝者と敗者を分ける「その時」を捉えなおし、
真田信繁像や大坂の陣論に、新たな視座を提示する!

目次

序 「不思議なる弓取」と呼ばれた男
第一章 真田信繁の前半生
   一、生い立ちと諱の謎
二、武田氏滅亡後の激動
第二章 父昌幸に寄り添う
   一、北条・徳川・上杉の狭間で
二、豊臣政権下の真田信繁
第三章 関ヶ原合戦と上田攻防
   一、兄信幸との訣別
   二、第二次上田合戦の真相
第四章 九度山の雌伏
   一、父昌幸の死
  二、大坂入城
第五章 真田丸の正体
   一、実像をめぐる諸問題
   二、真田丸の復元的検討
第六章 大坂冬の陣
   一、東西両軍の布陣
   二、真田丸の戦い
   三、束の間の平和
第七章 大坂夏の陣
   一、再戦への道
   二、道明寺合戦
   三、刃を交えた敵、それぞれの事情
   四、真田信繁の最期と豊臣氏滅亡
終 章 真田信繁から幸村へ

上記内容は本書刊行時のものです。