版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
あの頃世界のすべてだった学校と自分への呪いにさよならするまで もつお(著/文) - KADOKAWA
..

あの頃世界のすべてだった学校と自分への呪いにさよならするまで (アノコロセカイノスベテダッタガッコウトジブンヘノノロイニサヨナラスルマデ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
192ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-04-681108-0   COPY
ISBN 13
9784046811080   COPY
ISBN 10h
4-04-681108-0   COPY
ISBN 10
4046811080   COPY
出版者記号
04   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年12月22日
書店発売日
登録日
2021年11月6日
最終更新日
2021年11月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

いじめを受けた人間は、一生その過去を背負って生きていかなければいけないのか。

入学した女子校でクラスの中心的存在であるクラスメートに声をかけられ、憧れのグループに入ることができた主人公・ユイ。楽しい予感に溢れるスタートを切った高校生活だったが、ユイを待ち受けていたのは、女子グループのなかで行われる陰湿で過酷ないじめの恐怖に怯え続ける毎日だった。
些細なことで目をつけられいじめの対象になってしまった友達。仲間たちの目が怖くてかばうこともできないまま、やがていじめの矛先は自分に向けられるようになる。からかい、無視、SNSでの悪口…色を失っていく日常。
小さな学校、小さなグループ、小さな人間関係、それが世界のすべてだった、あの頃。
かつて苦しんだ、今苦しむすべての人へ贈る物語。

高校時代に強迫神経症を発症し精神科病院に入院した日々を綴ったコミックエッセイ『高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで』で衝撃のデビューを果たした作者が、学生時代の呪いとそこからの解放を描く渾身のセミフィクション。

目次

【目次】
第1話 我慢と諦めの毎日
第2話 同窓会でよみがえる過去の記憶
第3話 憧れのグループに入れた私
第4話 「うざい」から無視され始めた彼女
第5話 親友と決別してしまった帰り道
第6話 彼女の機嫌を損ねてはいけない
第7話 無理して笑うのがつらくなった私
第8話 私はいじめられてるの?
第9話 1人ぼっちの夏休み、1人ぼっちの体育祭
第10話 もしも今線路に飛び込めば
第11話 異変に気づいた姉
第12話 私の高校生活は別の世界に変わってしまった
第13話 クラス替えと標的になった彼女
第14話 グループ抜けなよとあの子は言った
第15話 憧れの彼女が落ち込んでいた
第16話 私はもっとつらかった
第17話 卒業してからの彼女のこと
第18話 いつまでこんなことしてるんだろう?

著者プロフィール

もつお  (モツオ)  (著/文

関西出身。高校時代に強迫神経症を発症し精神科病院に入院。その過程を描いたコミックエッセイ『わたし宗教』で大学在学中にコミックエッセイプチ大賞を受賞。2021年、受賞作品を約3年間かけて描き直した『高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで』でデビュー。第2作となる本書は、高校時代の経験を下敷きに大幅な脚色を加えたセミフィクション作品。
Twitter @mamimumemotsuo

上記内容は本書刊行時のものです。