版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
お茶屋さんは賢者見習い 1 巴里の黒猫(著/文) - KADOKAWA
..
MFブックス

お茶屋さんは賢者見習い 1 1

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
B6判
308ページ
定価 1,300円+税
ISBN
978-4-04-680507-2   COPY
ISBN 13
9784046805072   COPY
ISBN 10h
4-04-680507-2   COPY
ISBN 10
4046805072   COPY
出版者記号
04   COPY
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年6月25日
書店発売日
登録日
2021年4月27日
最終更新日
2021年5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

お茶を仕入れ、販売していた楢橋鈴(リン)は、ある日買い付けの旅の帰りに異世界へと転移してしまう。転移した先は、精霊の加護のある世界で、聖域に転移してしまったリンは、自覚が無いままに水・風・火・土の四大精霊から加護を受ける。四大精霊すべての加護を持つ者はごくわずか。精霊術師の中では『賢者』と呼ばれる存在であった。
賢者であるライアンに保護されることとなったリンは、精霊の力と現代知識を使い、様々な精霊道具やアイテムを生み出していく。そんな彼女の発想や活躍ぶりは、ライアンたちをたびたび驚かせ、次第にリンは『賢者見習い』として認知されていき――。
「全く、精霊は君に甘い」「私、賢者見習いじゃなくてお茶屋さんなんですけど……」
いつか再びお茶屋さんをはじめるその日を夢見て――精霊に愛された賢者見習いの、心豊かな異世界暮らし、はじまります。

著者プロフィール

巴里の黒猫  (パリノクロネコ)  (著/文

「小説家になろう」出身作家。

日下 コウ  (クサカ コウ)  (イラスト

既刊は「アンフィニシュトの書 悲劇の物語に幸せの結末を」 (電撃文庫)、「席替えから始まるハイスペック陰キャのリア充への道(強制) 」 (モンスター文庫)など。

上記内容は本書刊行時のものです。