版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
雪国の春 : 柳田国男が歩いた東北 柳田 国男(著) - 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
...
角川文庫 角川ソフィア文庫

雪国の春 : 柳田国男が歩いた東北

縦15mm
267ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-04-408302-1
出版社在庫情報
不明
初版年月
2011年11月
登録日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-11 読売新聞  朝刊
評者: 野家啓一(東北大学名誉教授・哲学/化学基礎論)
2011-12-18 産經新聞

紹介

日本民俗学の金字塔『遠野物語』を刊行した十年後、柳田は一ヶ月半をかけて東北各地を訪ね、土地の人々と交わる。その旅行記"豆手帖から"をはじめ、風土と気候が一国の学問芸術に及ぼす影響を述べた"雪国の春"、六年後に再訪した小子内の宿への思いを綴った"清光館哀史"など十編を所収。明治から昭和初期の日本を記録、日本民俗学の父と呼ばれた偉大な先人による、東北を深く考察する文化論。

目次

雪国の春
『真澄遊覧記』を読む
雪中随筆
北の野の緑
草木と海と
豆手帖から
清光館哀史
津軽の旅
おがさべり-男鹿風景談
東北文学の研究

上記内容は本書刊行時のものです。