版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
船玉さま 怪談を書く怪談 加門 七海(著/文) - KADOKAWA
..
詳細画像 0 詳細画像 1

書店員向け情報 HELP

船玉さま 怪談を書く怪談

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
288ページ
定価 720円+税
ISBN
978-4-04-112165-8   COPY
ISBN 13
9784041121658   COPY
ISBN 10h
4-04-112165-5   COPY
ISBN 10
4041121655   COPY
出版者記号
04   COPY
Cコード
C0193  
0:一般 1:文庫 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年2月25日
書店発売日
登録日
2022年1月8日
最終更新日
2022年2月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

海が怖い。海は死に近いからーー。山では、「この先に行ったら、私は死ぬ」というような直感で足がすくんだこともある。海は、実際恐ろしい目にあったことがないのだけれど、怖い。ある日、友人が海に纏わる怖い話を始めた。話を聞いているうちに、生臭い匂いが立ちこめ……。(「船玉さま」より)
海沿いの温泉ホテル、聖者が魔に取り込まれる様、漁師の習わしの理由、そして生霊……視える&祓える著者でも逃げ切れなかった恐怖が満載。
「"これ本当に実体験! ?"と驚くことばかり。ぞくぞくします。」 高松亮二さんも絶賛の声! (書泉グランデ)
文庫化にあたり、メディアファクトリーから刊行された『怪談を書く怪談』を『船玉さま 怪談を書く怪談』に改題し、書下ろし「魄」を収録。解説:朝宮運河

目次

目 次
船玉さま
とある三味線弾きのこと
郷愁
誘蛾灯
カチンの虫
いきよう
島の髑髏
浅草純喫茶
茶飲み話
聖者たち(一)
聖者たち(二)
怪談を書く怪談

解説:朝宮運河

著者プロフィール

加門 七海  (カモン ナナミ)  (著/文

東京都墨田区生まれ。美術館学芸員を経て、1992年『人丸調伏令』で作家デビュー。著作に、『うわさの神仏』『うわさの人物』『猫怪々』『霊能動物館』『怪談徒然草』『お祓い日和』『鍛える聖地』『怪談を書く怪談』『『大江戸魔方陣』『お咒い日和』など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。