版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
忌木のマジナイ 作家・那々木悠志郎、最初の事件 阿泉 来堂(著/文) - KADOKAWA
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2

書店員向け情報 HELP

忌木のマジナイ 作家・那々木悠志郎、最初の事件

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
336ページ
定価 720円+税
ISBN
978-4-04-111991-4   COPY
ISBN 13
9784041119914   COPY
ISBN 10h
4-04-111991-X   COPY
ISBN 10
404111991X   COPY
出版者記号
04   COPY
Cコード
C0193  
0:一般 1:文庫 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年12月25日
書店発売日
登録日
2021年11月3日
最終更新日
2022年1月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ホラー作家、那々木悠志郎の担当編集となった久瀬古都美は、彼が初めて体験したという怪異譚を題材にした未発表原稿を読むことに。
そこに書かれていたのは、心霊現象に懐疑的な小学6年生、篠宮悟が、流行りの噂話で語られる『崩れ顔の女』を呼び出してしまうという物語だった。
その顔を見てしまった者は視力を奪われ、精神的に追い詰められた末に自殺してしまうという怪異。その真相を調べにやってきた那々木悠志郎の助けを借りて、悟は調査を進めていく。
一方で、原稿を読み進める古都美のもとにも『崩れ顔の女』が現れる。怪異の目的は何なのか、原稿に登場する怪異が自分のもとにやってくるのは何故なのか。
答えは那々木悠志郎の原稿の中にーー。
彼の物語はここから始まった。
異端のホラー作家、那々木悠志郎の原点が描かれる。シリーズ第三弾!

目次

目 次
前 日
一日目
二日目
三日目
三日目 深夜
四日目 未明
四日目 夜明け
後 日
エピローグ

著者プロフィール

阿泉 来堂  (アズミ ライドウ)  (著/文

第40回横溝正史ミステリ&ホラー大賞<読者賞>受賞、『ナキメサマ』でデビュー。北海道在住。会社員。著書に『ぬばたまの黒女』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。