版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
恐怖 角川ホラー文庫ベストセレクション 宇佐美まこと(著/文) - KADOKAWA
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2

書店員向け情報 HELP

恐怖 角川ホラー文庫ベストセレクション

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
文庫判
336ページ
定価 680円+税
ISBN
978-4-04-111880-1   COPY
ISBN 13
9784041118801   COPY
ISBN 10h
4-04-111880-8   COPY
ISBN 10
4041118808   COPY
出版者記号
04   COPY
Cコード
C0193  
0:一般 1:文庫 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月25日
書店発売日
登録日
2021年8月4日
最終更新日
2021年9月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ショッキングな幕切れで知られる竹本健治の「恐怖」を筆頭に、ノスタルジックな毒を味わえる宇佐美まことの図書館奇譚「夏休みのケイカク」、現代人の罪と罰を描いた恒川光太郎の琉球ホラー「ニョラ穴」、誰からも省みられないホームレス男性の最期を描いた平山夢明の衝撃作「或るはぐれ者の死」など、現役の人気エンタメ作家による力強い作品と、小松左京のアクロバティックな発想が光る怪奇小説「骨」、土俗的恐怖とフェミニズム的視点を融合させた直木賞作家・坂東眞砂子の「正月女」、耽美的なゴシックミステリーで没後も熱烈なファンをもつ服部まゆみの和風人形怪談「雛」、昨年11月惜しくも急逝した小林泰三氏渾身の一作「人獣細工」などレジェンド級の名品が、ホラー小説の豊かさをあらためて提示する。心霊・怪談系の作品が多かった『再生 角川ホラー文庫ベストセレクション』に対し、『恐怖 角川ホラー文庫ベストセレクション』にはSFや犯罪小説、ダークファンタジーなどの発想を用いた作品も収録。この二冊合わせ読むことで、日本のホラー小説の神髄を味わうことができる。

コピーライト続き
(C)Masako Bando 1994.2021.Yumeaki Hirayama 2007.2021.Unga Asamiya 2021

目次

竹本健治「恐怖」
小松左京「骨」
宇佐美まこと「夏休みのケイカク」
坂東眞砂子「正月女」
恒川光太郎「ニョラ穴」
平山夢明「或るはぐれ者の死」
服部まゆみ「雛」
小林泰三「人獣細工」
朝宮運河 解説

上記内容は本書刊行時のものです。