版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
SIGNAL シグナル 山田 宗樹(著/文) - KADOKAWA
..

SIGNAL シグナル

四六判
272ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784041097908
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月1日
書店発売日
登録日
2020年9月5日
最終更新日
2020年10月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

それは破滅への予兆か、人類への福音か――。

電波天文台が奇妙な信号を捉えた。
調査の結果、三百万光年離れたM33さんかく座銀河からの人工的電波だとわかり、人類史上初めて地球外知的生命が確認されることとなった。
中学二年の芦川翔は、この人類史上最大の発見に大興奮するが、周囲の友人は冷めていた。
誰かと感動を分かち合いたい芦川は、高等部の先輩で天文学者を母に持つ男子生徒・朱鷺丘昴の存在を知る。
先輩なら、当然この大発見の意味も僕以上に理解しているはずだと確信し、朱鷺丘先輩に話しかけようと試みるが、先輩は極端に無口で滅多に人と交わらない変人だった……。
一方、宇宙から謎の信号を直接感知する人々が現れる。呼び集められた彼らは、ある実験を試みる……。
十七年後、研究者となった朱鷺丘が、シグナルの解析に成功する。
電波を発するようになって百年余りの人類に向けて、宇宙の彼方からシグナルを送り続ける「彼ら」の目的とは? 
「彼ら」は地球にやってくるのか? 果たして人類の運命は――。
『百年法』『代体』の著者が放つ“アオハル”SF長篇!

目次

第一部
 第一章 CONTACT
 第二章 TRY
 第三章 THEY

第二部
 第一章 VISION
 第二章 REIMS
 第三章 REUNION
 第四章 DIRAC
 第五章 SIGNAL
 終章 FUTURE

著者プロフィール

山田 宗樹  (ヤマダ ムネキ)  (著/文

1965年愛知県生まれ。筑波大学大学院農学研究科修士課程修了後、製薬会社で農薬の研究開発に従事した後、『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。2006年に『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化され話題となる。2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞。著書に『ジバク』『人は、永遠に輝く星にはなれない』『乱心タウン』『いよう!』『ギフテット』『代体』『きっと誰かが祈ってる』『人類滅亡小説』など。

上記内容は本書刊行時のものです。