版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中東テロリズムは終わらない イラク戦争以後の混迷の源流 村瀬 健介(著/文) - KADOKAWA
..

中東テロリズムは終わらない イラク戦争以後の混迷の源流

四六判
240ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784041085011
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月28日
書店発売日
登録日
2020年3月4日
最終更新日
2020年3月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-06-28 読売新聞  朝刊
評者: 篠田英朗(国際政治学者、東京外国語大学教授)

紹介

(目次)
はじめに 第三次世界大戦前夜
第1章 衝撃の駐在初日 ―後藤さん、湯川さん事件
第2章 拡大するテロリズム ―「イスラム国」扇動者との接触
第3章 逃げ惑う人々 ―レスボス島、難民上陸の瞬間
第4章 大国の欺瞞 ―兵器のバルカンルート
第5章 大量破壊兵器はなかった ―一人の嘘になぜ世界は乗ったのか
第6章 ゴーストタウンとなった要塞 ―政府軍に転身した元兵士の熱狂
おわりに フェイクが蔓延する社会でみたもの

著者プロフィール

村瀬 健介  (ムラセ ケンスケ)  (著/文

1976年、シンガポール生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。2001年TBS入社。記者として、警視庁、司法、宮内庁などを取材。その間「NEWS23」「報道特集」の番組も担当。15年からアフリカと中東を担当する中東支局長に。「”大義なき”イラク戦争から15年」や「シリア内戦 ~兵器供与の闇」などを制作。「報道特集」で放送され、大きな反響を呼んだ。2019年3月、帰国。同年6月より「NEWS23」の取材・フィールドキャスターを務める。

上記内容は本書刊行時のものです。