版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
鹿鳴館の恋文 小森香折(著/文) - 偕成社
..
歴史探偵アン&リック 4

鹿鳴館の恋文

発行:偕成社
四六判
縦190mm 横130mm
194ページ
定価 900円+税
ISBN
9784036359400
Cコード
C8393
児童 全集・双書 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2019年7月24日
最終更新日
2019年9月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

イギリスからの留学生ボビーが、アンの家に見学にやってきた。
ボビーのひいひいおじいさんは、外交官秘書として明治時代の日本にきて、鹿鳴館で、ある女性と恋におちたらしい。
アンとリックは、その女性・スズコのなぞをとくのに、協力することになる。

ファッション大好きでセンス抜群なアンと、クールな歴史マニアのリック、性格が正反対の2人が活躍する歴史ミステリーシリーズ第4弾!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「ええと、鹿鳴館は3年がかりで、明治16年(1883年)に完成した。二階建てで総レンガづくり。総工費はおよそ18万円。」
「安い。」
「明治時代のお金だからね。いまだったら億単位の値段だよ。外務省予算がなくなるような大金だったって書いてある。」
「ダンスパーティのために、そこまでしたの? よっぽどダンスをしたかったのね。」
「てか、日本も西洋なみのことができるってアピールをしたかったんだ。~」(本文より)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

著者プロフィール

小森香折  (コモリカオリ)  (著/文

小森香折
東京都に生まれる。『ニコルの塔』でちゅうでん児童文学賞大賞、新美南吉児童文学賞を受賞。作品に「歴史探偵アン&リック」シリーズ、『いつか蝶になる日まで』『夢とき師ファナ』『時知らずの庭』『ウパーラは眠る』など、翻訳に『リスベート・ツヴェルガーの聖書物語』などがある。

染谷みのる  (ソメヤミノル)  (イラスト

染谷みのる
奈良県に生まれる。イラストレーター、漫画家。
漫画作品に『サンタクロースの候補生』『君はゴースト』、おもな挿画作品に「歴史探偵アン&リック」シリーズ、「妖精のパン屋さん」シリーズなどがある。

上記内容は本書刊行時のものです。