版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
『キング』の時代 佐藤 卓己(著/文) - 岩波書店
..

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

『キング』の時代 (キングノジダイ) 国民大衆雑誌の公共性 (コクミンタイシュウザッシノコウキョウセイ)

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
縦105mm 横148mm
596ページ
定価 1,760円+税
ISBN
978-4-00-600414-9   COPY
ISBN 13
9784006004149   COPY
ISBN 10h
4-00-600414-1   COPY
ISBN 10
4006004141   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0136  
0:一般 1:文庫 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年12月7日
最終更新日
2019年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-01-14 朝日新聞  朝刊
評者: 藤野裕子(早稲田大学教授・日本近現代史)
MORE
LESS

紹介

日本で初めて発行部数一〇〇万部を達成し,雑誌の黄金時代を築いた大日本雄辯會講談社の伝説的雑誌『キング』.同時代のメディア環境全体のなかでこの国民大衆誌の意味を捉え直し,戦時体制下において「雑誌王」野間清治と「講談社文化」とが果たした役割を解き明かしたメディア史研究の金字塔,ついに文庫化! (解説 與那覇潤)

目次

 はじめに

Ⅰ 講談社文化と大衆的公共圏

第一章 マス・メディア誕生
 第一節 宣伝狂時代
 第二節 第一次「戦後」と普通選挙法
 第三節 「メディア」と「大衆」の成立
第二章 講談社文化と岩波文化――出版革命と公共性
 第一節 「婦人=大衆」雑誌の出版革命
 第二節 キング読者の実像
 第三節 婦人・少年・大衆を欠いた岩波文化
第三章 「大衆」の争奪戦――プロレタリア的公共性とファシスト的公共性
 第一節 プロレタリア的公共性
 第二節 芸術大衆化論争
 第三節 「左翼キング」の可能性

Ⅱ 『キング』の二つの身体――野間清治と大日本雄弁会講談社

第一章 野間清治の立身出世主義――「私設文部省」の光と影
 第一節 「野間宗」の開山
 第二節 田舎教師の人生登山
 第三節 帝大書記の弁論部人脈
第二章 『キング』への途――細分化メディアにおける統合戦略
 第一節 『雄弁』から『面白俱楽部』まで
 第二節 『婦人俱楽部』から『大正大震災大火災』まで
 第三節 『キング』から『講談社の絵本』まで
第三章 「雑誌報国」か「積悪の雑誌王」か
 第一節 宮武外骨の「野間氏(ヤマシ)」批判
 第二節 野依秀市の「言論資本主義」批判
 第三節 講談社少年部(ノマ・ユーゲント)のダイナミズム

Ⅲ 「ラジオ的雑誌」の同調機能(グライヒシャルトゥンク) 一九二五-一九三二年

第一章 「くち・コミュニケーション」の企業化
 第一節 大衆的公共圏における「楽耳王(ラジオ)」
 第二節 雄弁文化のラジオ化と商品化
 第三節 ラジオ文明の民主的独裁
第二章 「ラジオ読者」の利用と満足
 第一節 ラジオ的読書の定期性と多様性
 第二節 教化ナショナリズムの語り口
 第三節 マス・メディアのパーソナル・コミュニケーション
第三章 『キング』レコード
 第一節 出版物としてのレコード
 第二節 健全なる国民歌謡
 第三節 愛国歌謡のメディア・イベント

Ⅳ 「トーキー的雑誌」と劇場的公共性 一九三三-一九三九年

第一章 「ラジオ的雑誌」のトーキー化
 第一節 トーキー化とナショナリズム
 第二節 活動弁士と「活動読者」
 第三節 文芸の映画化
第二章 「雑誌報国」と「映画国策」
 第一節 剣戟映画の近代性
 第二節 講談社映画班
 第三節 キング映画への道
第三章 「日刊キング」と戦争ジャーナリズム
 第一節 報知新聞と「新聞王」
 第二節 前線グラフと慰問メディア
 第三節 雑誌王の殉国

Ⅴ 『キング=富士』のファシスト的公共性 一九四〇-一九四五年

第一章 雑誌の黄金時代?
 第一節 戦時期雑誌研究の問題点
 第二節 出版バブルの中のファシズム
 第三節 「紙飢饉」と「海外進出」
第二章 「読書の大衆化」と「大衆の国民化」
 第一節 『キング』の総合雑誌化
 第二節 『キング』の宣戦布告
 第三節 『キング改題富士』の絶叫
第三章 「精神弾薬」と思想戦
 第一節 市民的公共性と「国民=大衆」
 第二節 「国民教養雑誌」の公共性
 第三節 「大衆とともに」

結 国民雑誌の戦後 一九四五-一九五七年

第一章 「戦犯雑誌」のサバイバル――民主化の意味
 第一節 日本出版協会による弾劾
 第二節 GHQの『キング』評価
 第三節 戦前=戦後の連続性
第二章 国民雑誌の限界
 第一節 『キング』の細分化
 第二節 「キング的」メディアとしてのテレビ
 第三節 「キング」ブランドの重さ

 おわりに――国民雑誌の終焉

 注
 あとがき
 岩波現代文庫版のあとがき
 解題『キング』の亡霊たち……………與那覇 潤

旧版ISBN
9784000225175

上記内容は本書刊行時のものです。