版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
川端康成 孤独を駆ける 十重田 裕一(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0
【利用可】
ウェブの承諾表明により「利用可」にしています

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

川端康成 孤独を駆ける (カワバタヤスナリコドクヲカケル)

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
新書判
縦173mm 横107mm 厚さ11mm
重さ 184g
286ページ
定価 1,060円+税
ISBN
978-4-00-431968-9   COPY
ISBN 13
9784004319689   COPY
ISBN 10h
4-00-431968-4   COPY
ISBN 10
4004319684   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0295  
0:一般 2:新書 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年3月17日
書店発売日
登録日
2023年2月10日
最終更新日
2024年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-05-27 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 重里徹也(聖徳大学特任教授・文芸評論家)
MORE
LESS

紹介

二〇世紀文学に大きな足跡を残した川端康成は、その孤独の精神を源泉に、他者とのつながりをもたらすメディアへの関心を生涯にわたって持ち続けた。マス・メディアの成立、活字から音声・映像への展開など、メディアの状況が激的に変化していく時代のなかを、旺盛な創作活動のもとに駆け抜けていった作家の軌跡を描きだす。

目次

 はじめに

第一章 原体験としての喪失――出生から上京まで
 1 天涯孤独の感覚と他者とのつながり
 2 川端康成の日本語観
 3 文学者を志して上京する
 《コラム》
  1 臨時国語調査会と川端康成
  2 はじまりとしての「招魂祭一景」

第二章 モダン都市とメディアを舞台に――「伊豆の踊子」と「浅草紅団」
 4 新感覚派の旗手として
 5 一九二六年、映画との遭遇
 6 「名作」はつくられる
 7 帝都復興を映し出す「浅草紅団」
 《コラム》
  3 『文藝時代』同人たちの去就
  4 共同製作に携わった歓び
  5 学生時代の恋愛と別れ
  6 復興する東京のパノラマ

第三章 戦中・戦後の陰翳――書き続けられる「雪国」
 8 文芸復興期前後の活躍
 9 言論統制と「雪国」
 10 新人発見と育成の名人
 11 女性作家支援と女性雑誌での活動
 《コラム》
  7 競い合う創作
  8 創作と後進支援の舞台裏

第四章 占領と戦後のメディアの中で
 12 知友たちの死と鎌倉文庫
 13 GHQ/SCAP検閲下における創作と出版
 14 占領終了前後に紡がれる物語
 15 高度経済成長期のノスタルジー
 《コラム》
  9 美術品の収集と死者との対話
  10 敗戦後の文学全集と文庫本
  11 教室の中のベストセラー
  12 「伊豆の踊子」とツーリズム

第五章 世界のカワバタ――「古都」から「美しい日本の私」へ
 16 文学振興への献身
 17 翻訳と「日本」の発信
 18 ノーベル文学賞への軌跡
 《コラム》
  13 川端康成と松本清張
  14 「弓浦市」と『富士の初雪』

 おわりに
 主要参考文献

 あとがき

 図版出典一覧
 川端康成原作映画一覧
 川端康成著作目録
 川端康成関連年表

著者プロフィール

十重田 裕一  (トエダ ヒロカズ)  (著/文

十重田裕一(トエダ ヒロカズ)
1964年東京都生まれ.日本近現代文学専攻.博士(文学).
早稲田大学文学学術院教授・国際文学館館長,柳井イニシアティブ共同ディレクター.
著書に,
『占領期雑誌資料大系 文学編』全5 巻(共編,岩波書店,2009-10年)
『岩波茂雄――低く暮らし、高く想ふ』(ミネルヴァ書房,2013年)
Literature among the Ruins, 1945-1955: Postwar Japanese Literary Criticism(共編著,Lexington Books, 2018年)
『東京百年物語』全3巻(共編,岩波文庫,2018年)
『〈作者〉とは何か 継承・占有・共同性』(共編著,岩波書店,2021年)
『横光利一と近代メディア ― 震災から占領まで』(第30回やまなし文学賞,岩波書店,2021年)
ほか.

上記内容は本書刊行時のものです。