版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
企業と経済を読み解く小説50 佐高 信(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
受注センター:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:
9784004319054
岩波新書巻次:新赤版 1905

企業と経済を読み解く小説50

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
新書判
縦173mm 横107mm 厚さ10mm
重さ 156g
226ページ
定価 860円+税
ISBN
978-4-00-431905-4   COPY
ISBN 13
9784004319054   COPY
ISBN 10h
4-00-431905-6   COPY
ISBN 10
4004319056   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0236  
0:一般 2:新書 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年12月17日
書店発売日
登録日
2021年11月10日
最終更新日
2021年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

高度経済成長期に登場した経済小説は、疑獄事件や巨大企業の不正など、多種多様なテーマを描き続けてきた。城山三郎『小説日本銀行』、石川達三『金環蝕』、松本清張『空の城』など、戦後日本社会の深層を描いた古典的名作から、二〇一〇年代に刊行されたものまで、著者ならではの幅広い選書によるブックガイド。

目次

はじめに


Ⅰ 巨悪の実態

──原発利権
1 「原子力マフィア」の形成── 『原子力戦争』田原総一朗著
2 なぜ東電は潰れないのか── 『ザ・原発所長』黒木亮著
3 現役官僚による告発── 『原発ホワイトアウト』若杉冽著
4 電力の鬼と呼ばれた男── 『まかり通る』小島直記著

──政財界の裏側
5 戦後最大級の疑獄事件── 『小説佐川疑獄』大下英治著
6 ロッキード事件の利益構造── 『金色の翼』本所次郎著
7 財界の総本山に迫る── 『小説経団連』秋元秀雄著
8 銀行に銀行を食わせる── 『戦略合併』広瀬仁紀著
9 使途不明金の明細書── 『小説談合』清岡久司著
10 汚職事件の曼荼羅図── 『金環蝕』石川達三著
11 インドネシア賠償需要の闇── 『生 贄』梶山季之著
12 新興財閥と軍部の利権── 『戦争と人間』五味川純平著


Ⅱ 増大する資本と欲望

──巨大資本をめぐる
13 外資系投資銀行の内幕── 『小説ヘッジファンド』幸田真音著
14 イケニエを決めたのは誰か── 『ハゲタカ』真山仁著
15 大口融資規制の暗闘── 『頭取敗れたり』笹子勝哉著
16 「物価の番人」の挫折── 『小説日本銀行』城山三郎著
17 予算編成の駆け引き── 『小説大蔵省』江波戸哲夫著
18 旧財閥に残る気風── 『果つる底なき』池井戸潤著
19 金融帝国のルーツ── 『ザ・ロスチャイルド』渋井真帆著
20 日本人発行のルーブル札── 『ピコラエヴィッチ紙幣』熊谷敬太郎著

──欲望のゆくえ
21 触れてはいけない魔法のランプ── 『小説総会屋』三好徹著
22 「狙って潰せない会社はない」── 『虚業集団』清水一行著
23 ある闇金融の挫折── 『白昼の死角』高木彬光著
24 ローン破産という公害── 『火車』宮部みゆき著


Ⅲ 会社国家ニッポンのゆがみ

──企業のモラルを問う
25 会社は誰のものか── 『トヨトミの野望』梶山三郎著
26 消費者vs経営者── 『大阪立身』邦光史郎著
27 経済大国の原罪── 『19階日本横丁』堀田善衞著
28 未知の商戦と孤独── 『忘れられたオフィス』植田草介著
29 日本人であること── 『炎熱商人』深田祐介著
30 取引先の破綻と回収── 『商社審査部25時』高任和夫著
31 安宅産業の消滅── 『空の城』松本清張著
32 「水潟病」の原因究明── 『海の牙』水上勉著

──業界の深奥
33 金融資本としての生保── 『遠い約束』夏樹静子著
34 ホテルは社会の裏方── 『銀の虚城(ホテル)』森村誠一著
35 患者ファーストは可能か── 『M R』久坂部羊著
36 証券界と地下経済── 『マネー・ハンター』安田二郎著
37 量販よりも鮮度の保持── 『小説スーパーマーケット』安土敏著
38 食品加工業の暗部── 『震える牛』相場英雄著


Ⅳ 組織と人間

──会社を告発する個人
39 自分の生き方を通す── 『沈まぬ太陽』山崎豊子著
40 現役記者の社長解任請求── 『日経新聞の黒い霧』大塚将司著
41 新聞は生き残れるか── 『紙の城』本城雅人著
42 研ぎ澄まされた感覚を保つ── 『いつも月夜とは限らない』広瀬隆著
43 ワンマン体制への叛旗── 『管理職の叛旗』杉田望著
44 組織内の不正を糺す── 『会社を喰う』渡辺一雄著
45 地位保全の訴え── 『懲戒解雇』高杉良著

──社員という人生
46 死ぬくらいなら辞めていい── 『風は西から』村山由佳著
47 その人なりの価値基準── 『ふぞろいの林檎たち』山田太一著
48 社宅という残酷な制度── 『夕陽ヵ丘三号館』有吉佐和子著
49 「世間」に立ち向かう── 『食卓のない家』円地文子著
50 企業ぐるみ選挙の悲哀── 『わが社のつむじ風』浅川純著


おわりに
本書で取り上げた五〇冊

上記内容は本書刊行時のものです。