版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
性からよむ江戸時代 沢山 美果子(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0
岩波新書 新赤版 1844

性からよむ江戸時代 生活の現場から

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
新書判
縦173mm 横107mm 厚さ9mm
重さ 140g
200ページ
定価 820円+税
ISBN
978-4-00-431844-6   COPY
ISBN 13
9784004318446   COPY
ISBN 10h
4-00-431844-0   COPY
ISBN 10
4004318440   COPY
出版者記号
00   COPY
 
Cコード
C0221
一般 新書 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年8月20日
書店発売日
登録日
2020年7月10日
最終更新日
2020年8月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-29 毎日新聞  朝刊
評者: 横山百合子(国立歴史民俗博物館教授)
2020-11-22 読売新聞  朝刊
評者: 佐藤信(東京大学名誉教授、古代史学者)
2020-08-29 日本経済新聞  朝刊

紹介

小林一茶はなぜ妻との交合をつぶさに書き留めたのか。生まれた子は自分の子ではないと言い張る夫と妻の裁判の行方は。難産に立ち合った医者の診療記録にみる妊婦の声や、町人が記す遊女の姿……。史料の丹念な読み込みから、江戸時代に生きた女と男の性の日常と、それを規定する「家」意識、藩や幕府の政策に迫る。

目次

はじめに

第一章 交わる、孕む――小林一茶『七番日記』
1 交合を記録する一茶
2 一茶と菊の性の営み
3 性と禁忌

第二章 「不義の子」をめぐって――善次郎ときやのもめごと
1 村・藩を巻き込んだ騒動
2 裁定の背景
3 善次郎ときやの、その後――家、村、藩

第三章 産む、堕ろす、間引く――千葉理安の診療記録
1 記録された産の現場
2 産と堕胎の両義性
3 堕胎を試みる女たち

第四章 買う男、身を売る女――太助の日記
1 性買売の大衆化
2 「隠売女」の出自を探る
3 売られる娘

第五章 江戸時代の性
1 生類憐み政策から妊娠・出産管理政策へ
2 養生論にみる性意識
3 農民にとっての家と「仕合」
4 江戸時代から近代への転換

おわりに――生きることと性
主要参考文献および史料

あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。