版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
教育は何を評価してきたのか 本田 由紀(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0
岩波新書

教育は何を評価してきたのか

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
新書判
264ページ
定価 840円+税
ISBN
978-4-00-431829-3   COPY
ISBN 13
9784004318293   COPY
ISBN 10h
4-00-431829-7   COPY
ISBN 10
4004318297   COPY
出版者記号
00   COPY
 
Cコード
C0237
一般 新書 教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月19日
書店発売日
登録日
2020年2月6日
最終更新日
2020年3月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-24 朝日新聞  朝刊
評者: 本田由紀(東京大学教授・教育社会学)
2020-06-20 日本経済新聞  朝刊

紹介

なぜ日本はこんなにも息苦しいのか。その原因は教育をめぐる磁場にあった。教育が私たちに求めてきたのは、学歴なのか、「生きる力」なのか、それとも「人間力」なのか――能力・資質・態度という言葉に注目し、戦前から現在までの日本の教育言説を分析することで、格差と不安に満ちた社会構造から脱却する道筋を示す。

目次

はじめに

第1章 日本社会の現状――「どんな人」たちが「どんな社会」を作り上げているか
第2章 言葉の磁場――日本の教育の特徴はどのように論じられてきたか
第3章 画一化と序列化の萌芽――明治維新から敗戦まで
第4章 「能力」による支配――戦後から一九八〇年代まで
第5章 ハイパー・メリトクラシーへの道―― 一九八〇~九〇年代
第6章 復活する教化――二〇〇〇年代以降
終 章 出口を探す――水平的な多様性を求めて

引用・参考文献
あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。