版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
小林多喜二 : 21世紀にどう読むか Field, Norma(著) - 岩波書店
...
岩波新書

小林多喜二 : 21世紀にどう読むか

発行:岩波書店
縦180mm
263ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-00-431169-0
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2009年1月
登録日
2017年11月17日
最終更新日
2017年11月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-02-09 朝日新聞  朝刊

紹介

『蟹工船』の作者、小林多喜二(一九〇三‐三三)。その生き方と作品群は、現代に何を語りかけるのか。多喜二に魅せられ、その育った街・小樽に住んで多くの資料・証言に接した著者が、知られざる人間像に迫る。絵画も音楽も映画も愛し、ひたむきな恋に生き、反戦と社会変革をめざして拷問死に至った軌跡が、みずみずしい筆致の中に甦る。

目次

第1部 世界と向き合う作家へ-助走の日々(近代としての北海道-その「心臓」小樽
少年期の眼差しとことば
人生観、世界観の形成
記憶される青年・多喜二)
第2部 銀行員からプロレタリア作家へ-「人間への信頼」を基に(田口瀧子との運命的出会い
「頭から」でなく「胸の奥底から」
第一回普通選挙と日常生活
『一九二八年三月十五日』の壮絶
『蟹工船』という鏡)
第3部 小樽から東京へ-「体全体でぶっつかって」(クビになって執筆する
「田舎者」の新進作家
新聞小説『安子』
全力疾走-『党生活者』
東京の冬空の下の死)

上記内容は本書刊行時のものです。