版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
民族とネイション : ナショナリズムという難問 塩川 伸明(著) - 岩波書店
...
岩波新書

民族とネイション : ナショナリズムという難問

発行:岩波書店
縦180mm
214, 9ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-00-431156-0
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2008年11月
登録日
2016年10月3日
最終更新日
2016年10月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

地域紛争の頻発や排外主義の高まりの中で、「民族」「エスニシティ」「ネイション」「ナショナリズム」などの言葉が飛び交っている。だが、これらの意味や相互の関係は必ずしかも明確ではなく、しばしば混乱を招いている。国民国家の登場から冷戦後までの歴史をたどりながら、複雑な問題群を整理し、ナショナリズムにどう向き合うかを考える。

目次

第1章 概念と用語法-一つの整理の試み(エスニシティ・民族・国民
さまざまな「ネイション」観-「民族」と「国民」
ナショナリズム
「民族問題」の捉え方)
第2章 「国民国家」の登場(ヨーロッパ-原型の誕生
帝国の再編と諸民族
新大陸-新しいネイションの形
東アジア-西洋の衝撃の中で)
第3章 民族自決論とその帰結-世界戦争の衝撃の中で(ナショナリズムの世界的広がり
戦間期の中東欧
実験国家ソ連
植民地の独立-第二次世界大戦後(1)
「自立型」社会主義の模索-第二次世界大戦後(2))
第4章 冷戦後の世界(新たな問題状況-グローバル化・ボーダレス化の中で
再度の民族自決
歴史問題の再燃)
第5章 難問としてのナショナリズム(評価の微妙さ
シヴィック・ナショナリズム?
ナショナリズムを飼いならせるか)

上記内容は本書刊行時のものです。