版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
次郎物語 下村 湖人(著/文) - 岩波書店
..
岩波文庫 緑225-4

次郎物語 第四部

発行:岩波書店
縦148mm 横105mm 厚さ16mm
重さ 206g
388ページ
定価 850円+税
ISBN
9784003122549
Cコード
C0193
一般 文庫 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月15日
書店発売日
登録日
2020年8月10日
最終更新日
2020年9月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

時代はしだいに軍国主義の影が濃くなり、自由を重んずる朝倉先生は五・一五事件を批判したために辞職を勧告される。次郎たち五年生は朝倉先生の留任運動を計画し嘆願の血書を認めるのだが、この退職事件に関する態度が激越だったとして、次郎も退学を余儀なくされる。配属将校や思想警察が幅を利かせる思想統制の時代。(全五冊)

目次

次郎物語 第四部

一 血書
二 父と子
三 決議
四 いろいろの眼
五 道江をめぐって
六 沈黙をやぶって
七 父兄会
八 水泳
九 二つの敵
一〇 掲示台
一一 最後の訪問
一二 最後の晩餐
一三 送りの日
一四 残された問題
一五 明暗交錯
「次郎物語 第四部」附記

上記内容は本書刊行時のものです。