版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
培養肉とは何か? 竹内 昌治(著/文) - 岩波書店
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

培養肉とは何か? (バイヨウニクトハナニカ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ4mm
重さ 96g
64ページ
定価 520円+税
ISBN
978-4-00-271072-3   COPY
ISBN 13
9784002710723   COPY
ISBN 10h
4-00-271072-6   COPY
ISBN 10
4002710726   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0336  
0:一般 3:全集・双書 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年12月6日
書店発売日
登録日
2022年11月10日
最終更新日
2024年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2022年3月、培養ステーキ肉が日本で試食された! 食料不足などを背景に登場、期待の一方、不安もある培養肉は、種類がいろいろ、作製技術も異なる。ウシのステーキ様肉作製に成功した著者が、用いられた先端技術と将来の可能性を、社会の受け入れを検証する著者が課題を、最低限の基礎知識としてまとめた超入門書。

目次

 はじめに

第1章 なぜ今、培養肉なのか?

第2章 培養肉のつくり方

第3章 培養肉への期待と不安

第4章 立ちはだかるハードルの数々

 おわりに

 参考文献

著者プロフィール

竹内 昌治  (タケウチ ショウジ)  (著/文

竹内昌治(タケウチ ショウジ)
2000年東京大学大学院工学系研究科機械情報工学専攻博士課程修了.東京大学生産技術研究所講師,准教授などを経て,現在,東京大学大学院情報理工学系研究科知能機械情報学専攻教授.共著書(監修)に『代替プロテインによる食品素材開発――植物肉・昆虫食・藻類利用食・培養肉が導く食のイノベーション』(NTS)などがある.

日比野 愛子  (ヒビノ アイコ)  (著/文

日比野愛子(ヒビノ アイコ)
2006年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了.弘前大学人文社会科学部准教授などを経て,現在,教授.共編著書に『萌芽する科学技術――先端科学技術への社会学的アプローチ』(京都大学学術出版会),『科学技術社会学(STS)――テクノサイエンス時代を航行するために』(新曜社),共著書に『つながれない社会――グループ・ダイナミックスの3つの眼』(ナカニシヤ出版)などがある.

上記内容は本書刊行時のものです。