版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
誰のための排除アート? 五十嵐 太郎(著/文) - 岩波書店
..
【利用可】
ウェブの承諾表明により「利用可」にしています

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

誰のための排除アート? (ダレノタメノハイジョアート) 不寛容と自己責任論 (フカンヨウトジコセキニンロン)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ5mm
重さ 98g
64ページ
定価 520円+税
ISBN
978-4-00-271064-8   COPY
ISBN 13
9784002710648   COPY
ISBN 10h
4-00-271064-5   COPY
ISBN 10
4002710645   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0336  
0:一般 3:全集・双書 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年6月3日
書店発売日
登録日
2022年5月10日
最終更新日
2024年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

寝そべれないベンチ、禁則事項だらけの公園…。建築物が本来の目的外に使用されないようにする、「排除アート」。これらは公共空間が特定層に対して臨む、厳しい態度の表れである。なぜ排除アートは設置されたのか。果たしてアートと呼べるのか。その歴史・背景をひもとき、日本の公共空間づくりの問題点を浮き彫りにする。

目次

1 女性ホームレス殴打殺人事件の現場と周辺を歩く
2 ホームレスを不可視にする排除アート
3 一九九六年の新宿西口通路で何が起きたのか
4 進化する排除ベンチ
5 アートとデザインのあいだ
6 パブリックアートと排除アートの違い
7 コロナ禍がもたらした行動の制限
8 公共空間の変容と危機
9 街は誰のためにあるのか
あとがき

※表紙写真:新宿西口地下の先端が斜めになったオブジェ群

著者プロフィール

五十嵐 太郎  (イガラシ タロウ)  (著/文

五十嵐太郎(いがらし たろう)
1967年,パリ生まれ.東京大学大学院修了.博士(工学).専門は建築史・理論研究.現在,東北大学大学院教授.第64回芸術選奨文部科学大臣新人賞,2018年日本建築学会教育賞.ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展2008 日本館コミッショナー,あいちトリエンナーレ2013 芸術監督.「戦後日本住宅伝説」展,「Quand La Forme Parle」展,「Windowology」展などを監修・キュレーション.主な著作に『モダニズム崩壊後の建築――1968年以降の転回と思想』(青土社),『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房),『美しい都市・醜い都市――現代景観論』(中公新書ラクレ),『新宗教と巨大建築』(講談社現代新書)など.

上記内容は本書刊行時のものです。