版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ワクチン開発と戦争犯罪 倉沢 愛子(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0
【利用可】
ウェブの承諾表明により「利用可」にしています

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

受注センター:
貴店担当者:
注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

ワクチン開発と戦争犯罪 (ワクチンカイハツトセンソウハンザイ) インドネシア破傷風事件の真相 (インドネシアハショウフウジケンノシンソウ)

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
四六判
縦188mm 横129mm 厚さ25mm
重さ 436g
274ページ
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-00-061585-3   COPY
ISBN 13
9784000615853   COPY
ISBN 10h
4-00-061585-8   COPY
ISBN 10
4000615858   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0021  
0:一般 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年3月14日
書店発売日
登録日
2023年2月10日
最終更新日
2024年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-11-12 読売新聞  朝刊
評者: 塚原東吾(神戸大学教授・国際東アジア科学技術医学史学会会長・科学史)
2023-05-20 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

1944年8月、ジャカルタの収容所で、ワクチンを接種したロームシャが破傷風で多数死亡した。この謎の事件の背景には何があったのか。犯人として処刑されたインドネシア人医師、破傷風で命を落としたロームシャ、そして遥か離れた中国大陸で七三一部隊の人体実験に供された〈マルタ〉をつなぐ日本軍の謀略が、いま明らかになる。

目次

 はじめに

第Ⅰ部 つくられた破傷風ワクチン「謀略」事件

 第1章 ロームシャ収容所の地獄絵――破傷風患者の大量発生――
  1 事件の始まり――労務処理班からの緊急連絡(一九四四年八月六日)
  2 日本軍の対応
  3 汚染されたワクチン――ワクチン接種直後の惨事だった
  4 初めてではなかった破傷風の集団発生
  5 謀略事件と判定
  6 労務処理班関係者の逮捕と強制された自白
  7 モホタルら医学界重鎮の逮捕(一〇月七日)

 第2章 スケープゴートがつくられるまで――日本軍が捏造したドラマ――
  1 憲兵隊による取り調べ
  2 エイクマン研究所に破傷風菌はあったのか?――モホタルに向けられた容疑
  3 モホタルの“自白”からマルズキ、アリフの逮捕へ
  4 モホタル、供述を変える
  5 事件の顚末――モホタルとスレマン・シレガルの最期

 第3章 蜘蛛の巣から逃れて――マルズキの場合――
  1 マルズキの逮捕
  2 獄中からの手紙――釈放へ向けて奔走
  3 釈放されなかったマルズキ
  4 終戦――マルズキの釈放

 第4章 行われなかった真相究明
  1 連合軍による取り調べ
  2 戦後日本における認識
  3 冤罪の主張とインドネシア政府の対応
  4 なぜモホタルが狙われたのか
  5 ロームシャたちのその後

第Ⅱ部 それは人体実験だったのか――七三一部隊のワクチン戦略――

 第5章 七三一部隊は何をしたのか――ハルビンからバンドゥンへ――
  1 軍の要請によるワクチン開発
  2 ハルビンに設置された関東軍防疫給水部(七三一部隊)
  3 移動防疫給水部――石井のワクチン戦略の要
  4 細菌戦の展開とワクチン開発

 第6章 南方軍防疫給水部は何をしたのか――そしてパスツール研究所は――
  1 日本軍によるパスツール研究所接収
  2 破傷風事件の“真相”
  3 スラバヤ海軍軍医部の人体実験――オーストラリアの戦犯裁判記録から

 終 章 医師たちの戦後
  1 インドネシアの医師たちと研究所の戦後
  2 七三一部隊の医師たちはなぜ戦争犯罪の追及を免れたのか
  3 戦後日本の医療の闇
  4 コロナ禍とワクチン開発

 注
 あとがき
 参考文献・インタビュー対象者ほか

著者プロフィール

倉沢 愛子  (クラサワ アイコ)  (著/文

倉沢愛子(クラサワ アイコ)
1946年生まれ.1979年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学,2012年博士号取得.1988年コーネル大学Ph.D.取得.現在,慶應義塾大学名誉教授.専門はインドネシア現代史.著書『日本占領下のジャワ農村の変容』(草思社,サントリー学芸賞受賞),『南島に輝く女王 三輪ヒデ――国のない女の一代記』(岩波書店)ほか.

松村 高夫  (マツムラ タカオ)  (著/文

松村高夫(マツムラ タカオ)
1942年生まれ.1969年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学,1976年ウォーリック大学Ph.D.取得.現在,慶應義塾大学名誉教授,ロンドン王立歴史学会フェロー.専門はイギリス社会史・労働史,日本植民地労働史.著書『大量虐殺の社会史――戦慄の20世紀』(共編著,ミネルヴァ書房),『裁判と歴史学――七三一細菌戦部隊を法廷からみる』(共編著,現代書館)ほか.

上記内容は本書刊行時のものです。