版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議 河合 香織(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0

分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
四六判
縦188mm 横129mm 厚さ18mm
重さ 294g
234ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-00-061466-5   COPY
ISBN 13
9784000614665   COPY
ISBN 10h
4-00-061466-5   COPY
ISBN 10
4000614665   COPY
出版者記号
00   COPY
 
Cコード
C1095
教養 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月6日
書店発売日
登録日
2021年3月10日
最終更新日
2021年4月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-06-12 毎日新聞  朝刊
2021-06-05 朝日新聞  朝刊
2021-05-16 読売新聞  朝刊
評者: 仲野徹(大阪大学教授・生命科学者)

紹介

クラスター対策に3密回避。未知の新型コロナウイルスに日本では独自の対策がとられたが、その指針を描いた「専門家会議」ではどんな議論がなされていたのか? 注目を集めた度々の記者会見、自粛要請に高まる批判、そして初めての緊急事態宣言……。組織廃止までの約四カ月半、専門家たちの議論と葛藤を、政権や行政も含め関係者の証言で描くノンフィクション。

目次

プロローグ│疱瘡神と乱世

第1章│未知のウイルスを前に 2月3日~24日
それぞれのルビコン川
厚労省アドバイザリーボード
専門家会議発足
市民への説明
独自の見解の準備
専門家会議としての会見へ

第2章│クラスター対策と「情報の壁」 2月24日~3月11日
クラスター対策班
「一斉休校」と北海道の感染拡大
若者への呼びかけ
感染者情報をめぐる軋轢
学生ボランティア

第3章│桜の季節の感染拡大 3月11日~22日
御用学者の本分
遅れた検疫対策
大阪・兵庫の往来自粛
文書とりまとめの役割変更
大規模イベントをめぐって

第4章│緊急事態宣言発出へ 3月22日~4月7日
「医療がもたない」
新型コロナと特措法
日本医師会の危機感
「最低七割、極力八割」
緊急事態宣言発出

第5章│リスクコミュニケーション 4月7日~5月19日
PCR検査をめぐる批判
「四二万人」死亡推計会見
緊急事態宣言解除の基準数値
一〇万人あたり〇・五人
緊急事態宣言判断の三つの理由
高まる批判、不安定な会議体

第6章│専門家会議の「卒業」 5月19日~7月3日
前倒しされた宣言解除時期
首相と一緒の会見の危うさ
議事録問題をめぐって
専門家の「卒業論文」と厚労省の反発
「卒論」会見と専門家会議の廃止
次なるルビコン川

エピローグ│後の先

あとがき
関連事項カレンダー

装丁=森裕昌

上記内容は本書刊行時のものです。