版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
権力分立論の誕生 上村 剛(著/文) - 岩波書店
..

権力分立論の誕生 ブリテン帝国の『法の精神』受容

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ30mm
重さ 662g
352ページ
定価 6,600円+税
ISBN
978-4-00-061460-3   COPY
ISBN 13
9784000614603   COPY
ISBN 10h
4-00-061460-6   COPY
ISBN 10
4000614606   COPY
出版者記号
00   COPY
 
Cコード
C3031
専門 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月23日
書店発売日
登録日
2021年2月10日
最終更新日
2021年3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-25 読売新聞  朝刊
評者: 苅部直(東京大学教授・政治学者)

紹介

権力分立論はどのようにして姿を現したのか。一八世紀後半のブリテン帝国における『法の精神』の受容に焦点をあてることで、モンテスキューからアメリカ合衆国憲法制定時のマディソン、ハミルトンに至る政治思想史を精緻に叙述する。権力分立論の通説的理解を大きく修正し、その成立過程に新鮮な読み直しを迫る画期的研究。

目次

序 章


第1部 鏡の国のモンテスキュー?──混合政体論と権力分立論の重なり(1748~1765)

第1章 『法の精神』における混合政体/権力分立と二つの裁判権
第1節 「三権分立」をめぐる議論の錯綜
第2節 裁判権の重要性

第2章 仏英における『法の精神』受容とブラックストン『イングランド法釈義』
第1節 英語圏におけるモンテスキューの高評価
第2節 ブラックストンにおける混合政体論と権力分立論の重なり
第3節 モンテスキューからブラックストンへ──司法権の変奏と貴族身分の擁護


第2部 さまよえるブリテン人──帝国の誕生と、混合政体論の動揺(1763~1773)

第3章 総督と植民地──帝国的国制の態様
第1節 1763年勅令と新植民地の苦闘
第2節 トマス・パウナル──混合政体論なき権力分立論の萌芽
第3節 国王大権モデルと混合政体モデル──参議会への権力集中

第4章 ミドルセックス選挙における混合政体論と権力分立論の衝突
第1節 論争が起きるまで
第2節 庶民院議会における罷免の決議と、グレンヴィルの反論
第3節 ウィルクスの再選と、議会外への論争の波及
第4節 立法権と司法権の異同?
第5節 論争の終了と影響
第6節 非混合政体論的国制解釈への傾斜──ドゥロルム『イングランド国制』

第5章 植民地に裁判所を作る──1773年東インド会社規制法への道
第1節 支配権の確立から司法法案まで
第2節 東インド会社規制法案と最高裁判所
第3節 ブリテン帝国における権力分立論の誕生


第3部 そうやって最も美しい噓が生まれる──帝国的国制のアメリカ的変容(1774~1792)

第6章 ケベック法とジョン・ディキンソン
第1節 フランス法の尊重か、イングランド法の導入か──ケベック統治のディレンマ
第2節 ジョン・ディキンソン、反本国派のリーダーになる
第3節 『ケベック住民への手紙』におけるモンテスキューの援用
第4節 植民地期の権力分立テーゼ・再考

第7章 1776年の邦憲法制定
第1節 宙づりの権力分立論──ジョン・アダムズ『政府に関する考察』
第2節 ヴァージニア邦憲法における権力分立の成文化
第3節 権力分立と帝国的統治構造──修正参議会の登場

第8章 マディソンの換骨奪胎──『フェデラリスト』のレトリックとリアリティ
第1節 いかに邦を抑制するか──マディソンにおける権力分立論の消極的地位
第2節 『フェデラリスト』における非権力分立論的権力分立論の価値
第3節 Adieu,Montesquieu──マディソン、モンテスキューと訣別する

第9章 ハミルトンの一点突破──『フェデラリスト』のレトリックとリアリティ
第1節 ハミルトンと執行権の単一性
第2節 執行参議会をめぐる葛藤
第3節 「立法審査制」から司法審査制への横滑り

終 章


参照文献
あとがき
事項索引
人名索引

上記内容は本書刊行時のものです。