版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
福澤諭吉の思想的格闘 松沢 弘陽(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0

福澤諭吉の思想的格闘 生と死を超えて

発行:岩波書店
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ32mm
重さ 700g
438ページ
定価 9,500円+税
ISBN
9784000614351
Cコード
C3031
専門 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年11月12日
書店発売日
登録日
2020年10月10日
最終更新日
2020年11月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-02-20 朝日新聞  朝刊
評者: 戸邉秀明(東京経済大学教授・日本近現代史)
2021-01-17 読売新聞  朝刊
評者: 苅部直(東京大学教授、政治学者)
2020-12-27 読売新聞  朝刊
評者: 苅部直(東京大学教授、政治学者)

紹介

西洋との接触、国民国家の構想と文明の始造、天賦人権論争、そして自伝の刊行――。一身にして二生を経る激動の時代を生きた福澤諭吉は、生涯を通じて何を目指して闘い、後世に何を託したのか。その思想的展開を綿密に辿り、畢生の願いを浮かび上がらせた、日本政治思想史の泰斗による待望の福澤論集、ついに刊行。

目次

凡 例

第Ⅰ部 福澤諭吉の西洋経験
第一章 福澤諭吉とヴィクトリア中期Radicalism――『福翁自伝』を手がかりに
第二章 福澤諭吉ロンドンで英国「社中」の「建言書」を読む――「福田作太郎筆記・欧羅巴行御用留」文書の校注と検討

第Ⅱ部 国民国家形成の構想
第三章 社会契約から文明史へ――福澤諭吉の初期国民国家形成構想・試論
第四章 公議輿論と討論のあいだ――福澤諭吉の初期議会政観
第五章 『文明論之概略』成立事情
第六章 『民情一新』覚え書――官民調和論との関係において

第Ⅲ部 天賦人権論と福澤諭吉
第七章 天賦人権論争覚え書
第八章 『天賦人権論』の世界

第Ⅳ部 『福翁自伝』を読む
第九章 自伝の「始造」――独立という物語
第一〇章 『福翁自伝』を読みなおす――私にとっての福澤諭吉
第一一章 『福翁自伝』校注をめぐって

第Ⅴ部 福澤諭吉の読まれ方
第一二章 福澤諭吉を生きる
第一三章 福澤諭吉における方法の問題――『福沢諭吉の哲学他六篇』解説
第一四章 丸山眞男における近・現代批判と伝統の問題

初出一覧
あとがき
人名索引

上記内容は本書刊行時のものです。