版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アリストテレスの形而上学 坂下 浩司(著) - 岩波書店
...
岩波アカデミック叢書 形而上学

アリストテレスの形而上学 自然学と倫理学の基礎

発行:岩波書店
縦220mm
190, 13ページ
価格情報なし
ISBN
9784000267359
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2002年12月
登録日
2017年3月30日
最終更新日
2017年3月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

第1部 アリストテレスにおける形而上学の本質-存在論と神学の関係について(従来の解釈の四つのタイプ
「存在論」の内実について-『形而上学』Γ巻第二章の分析
存在論と神学の関係について-『形而上学』E巻第一章、Γ巻第一章、K巻第七章の分析)
第2部 アリストテレスにおけるPhysicaとMeta‐Physica-『自然学』第八巻と『形而上学』Λ巻(『自然学』第八巻における不動の動者の要請-なぜPhysicaはMeta‐Physicaが必要なのか
『形而上学』Λ巻第七章における神=ヌース説の議論構造-Meta‐Physicaの方法の一局面
エンドクサの真理性-Meta‐Physicaを支えるもの)
第3部 アリストテレスにおける形而上学と倫理学の接点-幸福成立における観想と実践の結合について(従来の解釈の概観と主要テクストの提示-J.L.アクリルとR.クロートの対立を中心に
アリストテレスの観想概念-「思惟の思惟」を手がかりとして
観想と実践の関係について-ソピアーとプロネーシス)

上記内容は本書刊行時のものです。